心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第117話「筋」感想

飛び掛かるピクル、それに反応して抜刀する武蔵。
相変わらず真剣を帯びた武蔵は絵になりますな。

抜いた刀をそのままピクルの顔面に、正中線目がけて。この時の武蔵の手の動きがなかなかカッコいいんだけど、これは本当に武術的にアリなんだろうか。はたまた絵的にカッコいいってだけなのか。

スポンサーリンク


ともあれ武蔵の振り下ろした刀はピクルに直撃したが……動かない!というかピクルさん宙に浮いてます。武蔵さんの刀に乗っかってる感じ?

端的に言うと、斬れてない。いや、後から分かるけど表面は斬れてるんだけど、斬れてない。
ピクルの顔面の筋肉。
そして身体の筋肉が、刀を止めてしまったのである。

「天晴れなり、肉の宮……」
感嘆する武蔵の顔面にピクルの拳が叩き込まれた。
吹き飛ぶ武蔵、その手には刀がない。

同時にピクルの身体から血が流れ始めたものの、動けない武蔵に対して全然元気なピクル。
なんと刀を拾い上げた……。


ついにピクルさんがウェポンを手にしたが、多分素手のままの方がピクルさん強いんで……。
ていうかこの闘いマジでどうすんだろ。
そして本部さんはいつ守護りにくるんだろう。