読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

鬼がらしの中辛は汗が噴き出すギリギリライン

今日の昼食は怖い名前のラーメン屋さん「鬼がらし」にて。
仙台に暮らして20年ほど経ち、そして幾度となくお店の横を通ったことがありながら行ったことのなかったお店についに来店でございます。

本店は山形にあるみたい。
看板メニューは味噌ラーメンで、辛さの選択ができる。辛味がなしの「ノン辛」に始まり、小辛、中辛、大辛、超辛まで。
こういう場合は、初見だし真ん中の「中辛」でしょう……。

スポンサーリンク


まずはたっぷり入ったワカメが目に止まる。いいですねワカメ好きですよ。
中辛とはいえしっかりと唐辛子の辛さがありつつも、スープ全体の美味しさのバランスは壊れないいいライン。啜ってもむせるほどではないけどしっかり辛い。うーむ、いいラインだぜ。

全体的な感じは、仙台辛味噌ラーメンでおなじみ「味よし」さんに近い。ただあちらよりもパワフルな仕上がり。味よしの味噌ラーメンで「薄いなあ……」と感じる人はこちらでハマるかも。



ギョウザも頼んでみました。最近は美味いギョウザを探す旅が過激化していて、結構どこ行ってもギョウザ頼んじまいますね。
特別な何かがあるわけではないけど、肉の感じが強いタイプのギョウザ。
ただ焼き方が好みで、結構しっかりめに焼きあがった底面、良いです。


結構親子連れのお客さんも多くて、ノン辛・小辛あたりも結構出てるみたい。
……超辛、どうなってしまうのだろう。