読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

頭痛の章

なんという。
なんという、痛みか。
昼食を済ませ、仕事に戻った時にあった違和感が、爆発した。
久しぶりだなーー
そう思った。
今はやめてくれーー
とも思った。
頭痛が、仕事に戻ったおれを襲ったのである。

新装 餓狼伝〈the Bound Volume 1〉 (FUTABA・NOVELS)

新装 餓狼伝〈the Bound Volume 1〉 (FUTABA・NOVELS)

スポンサーリンク


薬を飲んでおけば良かった。
そう考えてから、いや、そんなことはなかったとも考える。
おにぎりを食べている時には、この痛みは予想できなかったのである。

「頭が痛い時には、カフェインを摂るといいんだぜーー」
ああ、これは誰の声だったか。
「チーズやワインは、頭痛を悪化させるぞーー」
それは、仕事中のおれには関係ないな。

ずき、
ずき、
ずき、
頭が、割れそうだった。
おれは、その脈打つような痛みに叫んでしまいそうだった。
「かあああああっ!」
叫んだ。
心の中で、叫んだ。
職場である。
叫ぶことができず、心の中で吠えた。

痛み。
痛みという言葉では足りぬほどの痛み。
鉄の棒を、一気に差し込んだようなーー
血管を流れる血液のリズムで、それは襲い続けた。
仕事中はやめろ。
仕事中はやめてくれ。
仕事に支障をきたすではないかーー
そういう思考をお構いなしに、無造作に頭痛は襲うのである。

一つだけ、分かっていることがある。
どうやら、おれは、夢枕獏の文体にーー正確に言えば、餓狼伝の文体に、惚れてしまっているらしい。
たまらぬ頭痛であった。