読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第112話「あな不思議」感想

最新話になるごとに矛盾しているような気がする、それが刃牙道。「あな不思議」なのは武蔵殿の論理ですわ。

イメージの刃で正面からガイアを縦に裂いた後、それが倒れる前に側面からも縦に切断。
裂けるチーズ的な感じでガイアは4本になって倒れた(イメージで)。

スポンサーリンク


それは斬られたガイア自身もよく分かっていた。
「あな不思議」
「1人が4人に」
「見えたか、童児」

ハッキリと見えましたと答えるガイア。
これでもなお続けると言えば笑うのでしょうね、と問うガイアに、武蔵は「そりゃ笑うわな」と答える。

「剣は肉体の裡にある」
そう言ってイメージ刀をガイアに向ければ、それはガイアにも見えるほどだ。
だからこそガイアは問う。
その水準の武を修めた武蔵だからこそ問う。

「ピクルとの試合で再び剣を手にする……必要でしょうか」
「本当に必要でしょうか」

「ピクルは剣も武蔵も知らんのではないか?」
だからこそ、直接斬って骨身に染みさせたい……みたいなところか。


言葉尻捕まえるようだけど、どうも武蔵の言ってることが訳分からないんですよ。
「剣は肉体の裡にある」のに「剣で斬って骨身に染みさせたい」っていう。
どうしたいんだよ。肉体の裡にある剣で斬ってくれよ。