心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

山形みちのくひとり旅


一夜明けて朝ごはんをたっぷり食べてからチェックアウト。
ホテル向かいの産直センターを覗いてみたが、買って持って帰るには難易度高いものばかりだったので残念。山形〜仙台間を大量の山菜持って帰るのは厳しいかと思ったので、最上川沿いを歩きながら寒河江駅へ向かう。


左沢線って一時間に一本くらいなので、ここで40分ほど待つことに。

スポンサーリンク


山形市街観光は何度もしているけれど、今回はちょっと目的がある。

山形美術館です。
スタジオジブリ作品の背景画を担当していたりする山本二三氏の特別展。

ラピュタ火垂るの墓もののけ姫……と見ていって衝撃。

世界樹の迷宮4の風景イラストもこの方でありました。
どれもこれもそうなんだけど、映画見てる最中とか人物にフォーカスして見ていたりするからシシ神様の森がどれだけ美しいのかに気が付いてない。もののけ姫の空気感凄まじいわ。


初めて山形ひとり旅した時に来た以来に来てみた「文翔館」。旧山形県庁の建物をそのままに、だいたい明治以降くらいからの山形の歴史が分かる資料館。
色々展示物あるけど、やっぱりこの建物自体が最高の史料というか。最近公開されてる赤坂迎賓館的な感じがある。シャンデリアついた応接室とかそういうの。

この中庭は実写版「るろうに剣心」の撮影にも使われた場所だそうで。



帰る前に駅からすぐの「麺道田」さんでつけ麺。「めんどうだ」と読ませるお店。
フレンチ経験のある店主が作ったつけ麺で、鶏と鯛のダブルスープらしい。よくある煮干しバキバキみたいなスープと違って上品な気がする。鶏がメインで、ほんのり魚介が香るくらいのバランス。
途中から卓上のカレー粉をスープに加えてみるとかなり美味しかった。

家族へのお土産にちょっとしたお菓子を買って帰宅。

やっぱりひとり旅はいいっすね。
定期的にやることで精神ポイントが一気に回復する。ほんのり顔面日焼けはいい勲章だ。