心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

真田丸 第16回「表裏」感想

なんか新聞のテレビ欄見てると今回の主役は加藤清正

賤ヶ岳七本槍とか、秀吉子飼いとかトータルで見ても加藤清正が一番好きっすね。熊本頑張れ!清正の熊本城的な意味でも清正の活躍楽しみです。

上杉景勝に置いてかれて、そのまま秀吉のもとで人質確定!
つーかこれ秀吉容赦ねえ……エゲツねえ……。
真田から人質として上杉に……から、真田から人質として秀吉に、みたいな状態。
半強制的に馬廻衆にメンバー入りさせられちゃったよ。
「はい」で良いのか信繁。

スポンサーリンク


いや、というか受け入れ早いな。
そしてきりちゃんが若干アタマおかしい人みたいになってるよ。

秀吉親衛隊の真田信繁です。
平野長泰とか聞くと太閤立志伝思い出すわね。6出ないかな。
……清正、秀吉の命令で暗殺する係かよ。
茶々様はそういう魔性の女なんですね今年。


寧々様用の帯と、茶々様用の帯。はっきりしすぎ。
きりちゃんこれからずっといるのかよ……うーん。

人たらし秀吉、奥さんに発動か。
権左の死に関するこの心理戦怖すぎるんですけど。
マジでタイトル通り「表裏」が怖い秀吉。小日向さんって悪い役するときこそが真の魅力だと思うから、今回の秀吉ぴったりですわ。


大谷吉継石田三成のブレーン感すごいぞ。
あと信繁はここで大坂城の地図写して上田に送れよ。
千利休の死の黒幕は石田三成かよ……。


客観的にだけ見ると「茶々に気に入られると謎の死を遂げる」だけだから、なかなか都市伝説である。
悲しむのをやめた女・茶々。瀬田宗次郎みたいだな。茶々が縮地してくるんじゃねーの。
そして権左が死んだとされる井戸へ誘われる信繁。
その瞬間……清正が権左を井戸へ突き落とす映像がフラッシュバックしたんですよ……。
やだな〜怖いな〜……その時、後ろに加藤清正がいたんです……。そういうことってねえ、あるんですよね……。


はいムキムキ加藤清正に投げ落とされそうになったところで羽柴秀長登場!
なるほど、みんな本来ありえない地位にまで登ってしまったが故にちょっとイかれてる。それが大坂城


久しぶりの徳川編。
本多忠勝の親バカ祭り。大泉洋の嫁さんが登場したぜ。
徳川家康の真田討伐も直前。

真田チームとしてはヤバい状態、上杉の援軍が止められた。秀吉のパワーファイトは真田家の四面楚歌状態を作り出してしまった。
「面白い」と言える出浦さんカッケー。

むしろ理屈も通ってるし、真田家に対してもメリットがある時点でも正直な話って感じもするけどね。
秀吉も茶々様も表裏がえぐい。

来週姉上復活。