読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

復讐特化ムービー「レヴェナント」

映画・ドラマ 映画・ドラマ-映画


ディカプリオおめでとう!ということで、ずいぶん騒がれてましたし「レヴェナント」観て参りました。

ストーリー自体はシンプルで、初めから敵も誰か分かっていて二転三転するわけでもない。
観るべきなのはディカプリオの熱演と厳しい大自然ですねえこれは。

スポンサーリンク


クマに襲われて瀕死、そのまま仲間だったフィッツジェラルドに裏切られて殺されそうになった所を 止めに入った息子を目の前で殺され、自分は生き残ってしまう。
全身ボロボロのまま、息子が全てだったグラスはフィッツジェラルドへの復讐のためだけに一人極寒の大地を行く話。


現地の原住民に襲われたりしながらも、ただひたすらに生き抜く。
食べるものがはじめは動物の死体に残ってた肉みたいなものから、やがて捕まえた魚、新鮮な生肉といったように少しずつ「人間らしい」ものになっていくのも、タイトルの副題「蘇えりし者」の暗喩なのかなあと思ったり。


ディカプリオはもちろん、復讐の相手フィッツジェラルド役のトム・ハーディや雇い主である隊長役のドーナル・グリーソンもなかなか良い。そして美しくも厳しい大自然を堪能できる映像とカメラワークがまた良い。


物語の結末はある種救われない感じで「復讐は果たされたけど、じゃあこの後どうする?」ということを少し考えさせられる。どこか渡辺謙主演の「許されざる者」に近い雰囲気も漂う作品だった。