心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

スタカレーに魅了されて作ってみる

この前の黄金伝説で、サンドウィッチマンが行った中華料理屋「娘娘」のスタカレーというメニューがすげえ美味そうだったんですな。

ひき肉とニラだけが入った、ピリ辛の餡がご飯にかかってるというシンプルなものなんだけどどう考えても中毒性高い感じ。
食べてみたいと思っても、こいつは埼玉県民のソウルフードらしくて仙台からは簡単に行ける感じでもない。
じゃあ作ってみようかということでひき肉とニラだけ買ってきましたよ。

まずはひき肉炒めスタート。チューブの生姜とニンニクも多めに入っております。水曜日から体調悪いから回復メニューでもあるのだ。

スポンサーリンク



ニラを入れて炒めて、水を入れて……な状態。
本当は豆板醤入れるつもりがまさかの冷蔵庫にない!ということで、ささやかなコチュジャンを加えて炒めた後に水を投入。
こんどは中華スープの素がない!ということで日本人の安定行動・本だし。気持ち少なめに。
「確か醤油ベースですとか言っていたような……」という記憶を頼りに、醤油で味の軸を作る。
全然辛味成分が足りないので、トロミをつける直前で七味唐辛子をIN。


水溶き片栗粉で餡に変貌を遂げる。
何度か味見をしていて完全に和風になっているのは分かっていたので、最後にゴマ油をひと回しすることでグッと中華テイストへ。


白メシに……

かけて食卓へ。皿のサイズ間違えてパンパンです。

まあ色味に始まって、おそらく何もかも別物が誕生しました。中華スープの素と豆板醤がなかったことが痛い。もはや中華要素がささやかなゴマ油くらいしか入ってないし……。
とはいえ辛すぎず、病み上がりの身体には帰ってよかったかもしれない。手前味噌だけど普通に旨かった。

材料は……
・鳥ひき肉
・ニラ
・チューブおろし生姜、ニンニク
・本だし
コチュジャン
・醤油
・七味唐辛子
ゴマ油

以上でございました。