心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

松屋の豚汁がすごい

牛丼に豚汁は必要ない

いつものように松屋で晩飯。
しかし……今日は松屋のお年玉フェア第1弾。
豚汁が100円なのである。

「そもそも牛丼で肉食べるんだから、豚汁いらなくね?」
そう思って今まで生きてきた私は、今日初めて牛丼屋で豚汁の注文したのだった。

スポンサーリンク


正直軽い気持ちで頼んだんですよね。「100円で味噌汁を豚汁にクラスチェンジ」くらいの感じで。
そしたらこれがきた。


牛丼の丼とほとんど同じサイズ感の器に登場。

中身の具は豚肉、豆腐、人参、大根、レンコン、ごぼう、玉ねぎ、里芋。
具沢山すぎるやろ……。これ沈んでるけどとんでもない具沢山やろ……。

ということで私は忘れていた。
豚汁とは本質的に「野菜を食べるもの」であることを。
なにより松屋の豚汁、本来180円もするものだからね。他の牛丼屋さんの食べたことないですけど、おそらく本来の値段から考えると松屋の豚汁ってすげえんじゃねえかと。

白米と豚汁でイケるくらいのパワー秘めてますよコイツは。


「バキさん 彼の説を支持するかね」
「牛丼に豚汁は必要ない……そう考えていた時期が俺にもありました」
「ほう では豚汁は“アリ”だと……」
「ええ 牛丼に豚汁は“アリ”です」


夏はサラダ、冬は豚汁。
野菜成分の補給には使い分け、アリアリですよ。