心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第91話「実戦屋」感想

明けまして刃牙道!!

刃牙道だけど、去年から引き続きその内容は本部道だ。


昨年最後の連載では間が抜けていた本部以蔵VSガイアの戦いの内容が明らかになった。

「立ち会ってみるか」
という本部の言葉に、「やっぱり道場は安全じゃない」と返すガイア。
その目はさりげなく道場の壁にかかっている武具の数々を見据える。

いつでも、どこでも、誰とでも。それが本部の超実戦ルール。
「夜の公園に武術家二人……勝負でしょう」
本部の名言が思い起こされる。

決着は……?
「やりながら決めるか」
そんな感じで終始サッパリした感じで返答していく本部さんからは、明らかにガイアより強いオーラ出てますよね。

スポンサーリンク


ガイアの一手目は幼少期の刃牙も腕で受けた硫酸入りカプセル。
口に含んでおいたそれをプチっと噛んでそのまま飛ばす。
本部さんは手のひらで受ける。
そして衝撃の事実。
この武器は本部さんが教えたものだった!!

つまり刃牙くんが13歳の時には、すでに本部さんとガイアは師弟関係にあったということですか。
まあストーリー的には矛盾するシーンもないからいいけど……なんかロビンマスクウォーズマンの関係みたいだぞ。


ともあれ華麗に手のひらで受けた本部さんはハンカチで拭き拭き。
そこにガイアが寸鉄を握ってパンチだ。いわゆる暗器ですな。
シュッと避けた時には持っていたハンカチでガイアの拳を包む本部。
それをぐっと引っ張り、ガイアの体勢を崩すと柔術っぽいムーブで関節を極めつつダウンを奪う。このへんは個人的には柔術というか合気道っぽい感じがした。

タップしたガイアを無視して自分のベルトを外し、それでガイアの両手を縛って本部以蔵、完了です。


「無傷で済ませる」
「やはり道場は安全……」
と言いながらベルトがなくなったのでズボンが下がり本部のパンチラです。パンツっつーかこれふんどしかな?
(本部をアイドル的に見ている読者からすると)サービスカットだ。照れて赤くなってる本部もまた可愛……可愛い……?


一方で徳川邸では……ジャック・ハンマー登場!!
「2メートル43センチ201キロ」
「運動能力ヲキープ出来ルギリギリノサイズデス」
いやいやいや。

ジャック・ハンマー刃牙世界における超えてはいけない線を越えてしまった。
刃牙ワールドでは巨人は咬ませ犬となるのだ。
マウント鳥羽を思い出せ。
アンドレアス・リーガンを思い出せ。
デカくなったジャックはアライJr.には勝ったがピクルには1日に2度負けてしまったぞ。
身長と強さが反比例するのが刃牙世界だ。

「ムサシ・ミヤモトに会いたい」
デカくなったジャックの願いは、徳川さんによって阻まれる。
「君が武蔵と会うことを良く思わない人がいる」
これはもちろん……本部なのかな?

まさかの本部以蔵VSジャック・ハンマーあり得るんじゃないっすか。