読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「東京屋」にて東京ブラックを

食-ラーメン

寒くなってきたらこんなラーメンが食べたい


そんな思いを叶えてくれるお店が近所にあることを思い出したので行ってきましたよね。

「寒い日は味噌ラーメンや!」
みたいな固定観念があった中、先日職場でほんのり「富山ブラック」の話になったんですな。
あれ?そういえば東京屋に「東京ブラック」っていうメニューなかったっけ?
そしてまだ食べたことがないじゃないか、と。

スポンサーリンク


先日の雨降りによって、履いていた靴の寿命が終わっていたことを知った。すげー染みるし。
基本的に毎日1時間以上歩く生活をしているから、靴の体力が尽きるのが早いんですよね。
ということで実用性を考えるとお値段とのバランスが素晴らしい作業靴一択やろ……とダブルストーンでゴツいめの靴を新調し、そのまま東京屋へ。

時間は12時前なのでまだまだ空いてます。
で東京ブラックを注文。朝から何も食べてなかったので半ライスも付けた。

富山ブラック(カップラーメンでしか食べたことないけど)よりも食べやすいけど、しっかりと塩気の効いた「ブラック」な味。

通常のラーメンには乗ってない三葉がいいアクセントになっていて、爽やかデスペラード
ネギもたっぷり入っていて、具材によってスープの力強さとのバランスを取っている感じ。


そしてこのスープが白いご飯に合うこと合うこと。
単品で食べるときは三葉やネギによって、ご飯と合わせる時は逆にスープだけのパワーをご飯に合わせて。そんな複合的な楽しみ方が「東京ブラック」にはある。
あと卓上のブラックペッパーが異常に相性良くて美味しさ倍増するので、苦手でもない場合は多めに振ってあげるとなお良しだと思う。


改めて思うけど、東京屋はどれ食べても美味しいっす。
中華そば系は丁寧に作られたあっさりしてるけど深みのあるスープだし、味噌ラーメン系はダシの美味しさを活かしたただの味噌味になってないクオリティ。
そして今回のブラックはしっかりとブラック路線に乗っかりつつ、しつこくならないバランスを具材などとの調和で作り上げている。

まだ食べていないメニューに油そばがあるので、暖かい季節になったらチャレンジかな。
寒い間はブラックと味噌系のお世話になりそうです。