心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第47回「姉妹の約束」感想

これ本当にあと数週で終わんの?

文さんは空き家をレンタルしてマジで学校開設準備。
仁先生はそのカリスマ性によって順調に群馬政府は進み出す。

そういや「姉の気持ちを考えろや」って手紙来てましたね。
文、東京行くってよ。ただこの状況下で自分で直接見に行くのは戦火を拡大する行動な気がするけど。

スポンサーリンク


東京来ましたよ。
後ろから久米次郎登場。
「帰ってください!」
言いたくなるよね。つーか本当に来るのかよと思うくらいは文自身が察することできるやろ。


もうなんかアレですよね、ストーリー以前のことになるんだけど。
こういう話をガッツリ描く必要あったんでしょうか?
姉が病で、その妹がその間に旦那さんと仲良くなっていくのを何週にも見せられても。なぜ佐久間象山は存在しない世界なのか。吉田松陰がパッと出現したみたいになってるけど、本来佐久間象山から描いていかないと松陰の構築が突然現れた天才になり過ぎてて……。
とにかく姉上は新しい希望を抱きつつ世を去るんすね。


生糸商人ギルドの建設は順調だけど、世界的な恐慌によって生糸の金額もブレイクした。
新井くんがアメリカで交渉権獲得したので、群馬でトップクラスの生糸を送り込む。
阿久沢のヤローも金になる気配を感じたので協力。

……阿久沢さんは「信頼」が金より大事だということを理解していないようです。
仁先生が言いたかったことは、端的に言うと「今日より明日なんじゃ」ですね。
気が付けばほとんどの群馬県庁のスタッフは仁先生側になってました。


銀姫様が慈善事業スタート。
興丸ちゃんはテニスをスタート。
だけど生糸は必要量が多すぎてリチャードソンとの契約の量を用意できるかの勝負所だ。


姉様はもう遺言みたいに約束させました。
君に依頼する任務は二つ。
一つは仁先生を支えること。
もう一つは女たちの学舎を作り上げること。
そして久米次郎はあっさり理解を示す。まあ理解っつーか母親がそう言ったんなら仕方ねえ、みたいな感じか。


「群馬の未来を賭けた大博打」。
面白えと思った阿久沢のギャンブラー魂に火がついた。
こういう形で協力関係が繋がるのは、綺麗事じゃなくていいっすね。


生糸問題に一区切りが着いたところで仁先生、最後に妻に会いに行く。
長男夫婦も駆けつけている。
まさかの座ったまま他界という新しいパターンでした。
なんか久しぶりに死ぬ瞬間をシーンとして入れてきた気がする。みんな死ぬ前の言葉を残した後にナレーションで「この世を去った」で片付けてくる今年の大河では珍しいと思っちゃうよね。
ただ歴史を作っていった人物に関してはもはや意図的にナレーション処理してるような気がするから、そういう区別の演出なのかもしれない。理解はできないけど。


仁先生宛に遺言を書いて、それを息子に託していた姉上。
内容は「私が死んだら妹と結婚しろ」だった。


来週は富岡製糸場が危機です。