心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第46回「未来への絆」感想

もうなんかアレですね、ここまで観てきたから最後まで観るけど……って感じで観てる。

本編終わった後の花燃ゆ紀行(だっけ?)で歴史成分を補完するというシステムだけは本当に解せないし、前にも言ってるかもしれないけど朝ドラのほうがレベル高いのって末期ですよ。
仁先生じゃないけど「責任を取る」って言っても仕方がないと思うんだけどね今年の大河スタッフ。
役者さん自体はいい演技してるように思うし、それだけに今回のシナリオ回りは一体どういうことなんだと。

……頼むぞ来年の大河。変なことするなよ……?

スポンサーリンク


放火や!!
そして仁先生には連絡取れないし、このまま不倫騒ぎに発展するんだな?

不倫騒ぎに発展しましたね。
変な弱み握られたし、阿久沢の大将的には上手く使いたい部分。
そして女の世界ではこれは致命的ですね。噂大好き人種の中では死ぬほど面倒なことになってる。

……ふう。
ふと現実に帰ってきた感じで言うけど、なんで大河ドラマでこういう話観なきゃいけないのかが全然分からねえ。
まあ観せられるところまではいいんだけど、それを軸にするなよっていう……。やっぱり「主人公が誰か」って大きいな。はっきり言って歪む。


農村発展のために石原良純に合わせる文さん。
そして思い出したように「人と人を繋ぐ」というキーワードを出してくる仁先生。

終盤のオアシス、石原良純
こういう農業改革みたいな話好きなんすよね。なにより不倫騒ぎよりよっぽど行政に直結してて「大河らしい」話だし。


姉さんがなんとなく瀕死である。
自分の存在理由がなくなってしまったら生きる希望がロストしてそのまま消滅しそう。


西南戦争の戦犯をどうするのか。プリズンは足りない。
罪人が群馬に送り込まれるそうで……。これってアレか?吉田松陰が仲間増やす展開の再現か?
こういう話をガッツリやろう。うん。それが大河よ。


ここで群馬県庁に入庁した新人スタッフはこのまま仁先生側になるのかしら。
新しい人間が流入してくるってのは、単純に今までのやり方に染まってない波がやってくるってことだからなあ。変化の時が来るぜ。


阿久沢の嫁がもう完全に文さんの仲間だな。
「新しい日本人を育てる」
志というキーワードによって、ようやく長い長い前フリが結実した気がする。
なんかここまでの「なんやねん今年の大河」の3割くらいが「そういうことね今年の大河」になったわ。
いや、前フリの部分が長すぎたよ。それだけにそれなりにグッと来たけど。


「またやったな……」
あれ?石原良純にまで声かけてやがったわ。
一気に話が進むご都合展開。だけど今週はまあ感動の志トークがあったからそれほど「うーん」とならない不思議。


「皆さんは何を思い描いてますか?」
校長先生みたいになってる。
これ群馬に連れてこられた人は幸せだな。要するに専門学校に入れてもらえるみたいな感じだもの。

青い。仁先生が青すぎる。
絆が未来を創るのね。

やっとなのか、「本気で変えようとしている」ことが伝わるの。
そういう意味では絆の構築が下手かも。


……あ、姉さんの心との葛藤が始まる。
次回は「姉妹の約束」だって。これ死ぬな。