心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第85話「勇次郎」感想

開幕からアレだけど、これ武蔵の歩法は縮地ですね。
身体を脱力し、その下に落ちる力を踵を使って全身運動に転化する。
宗次郎がやってた縮地は異常な脚力によるものなのであれ違うやつですよ。

徳川さんはそんな二人の睨みあいを見てテンションがマックス。この二人にならライオンだって襲い掛からねえらしい。

ともかくその古流武術に伝わる高速接近技法・縮地によって勇次郎の眼前に迫れば、そのまま勇次郎の首筋に白刃が迫る。

スポンサーリンク


勇次郎の首の皮膚に届いた刹那、その刀を握る武蔵の手首が勇次郎に握られていた。

「よく鍛えられた手首だ」
もう勇次郎のペース。
そのまま武蔵の金的を蹴り上げた。

気を失うこともなく、その初めての痛みに悶絶する武蔵。……気を失わないってのがすごい。
知ってる限りだと金的蹴りって強くやると、痛すぎて人がショック死するとか聞いたことあるんでね。
烈海王戦でも片鱗見せてたけどフィジカルの耐久度の高さアピール。武蔵で肉体そのものの強さはいらないんじゃないかなあ。刃牙くんを筆頭にピクルとかヤベエ強靭度だし、なんか強靭度キャラもういらないよ……。


必死こいて立ち上がりながら武蔵の心に去来するのは、肥前にいた頃に限りだと完成しそうになってたという「奥技」。

「強き人」
「名をなんという」
顔面ぶっ叩かれ、金的蹴り上げられてなお自分強いよ感を醸す宮本さん。
開発途中っぽい奥技で勇次郎に挑もうってのがまだ甘い気がする。

なんか勇次郎があまりに絶対的な人だから、宮本武蔵の立ち位置が迷走してますね。