心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第83話「日本刀」感想

「宮本」
「図に乗るな」

勇次郎、宮本武蔵の顔面に掌打を叩き込むッ!!

吹き飛ぶ宮本武蔵だが、手にした刀からは決して話さない両手。
そして勇次郎も同じで、刀を握ったまま宮本武蔵を追うように動いた。

スポンサーリンク


とりあえず完全に意識ないっぽい武蔵。
今度は勇次郎が刀を握った腕を振るうと、武蔵の身体が回転。
立った姿勢に戻りました。戻りましたっつーか勇次郎が戻してあげました感。

「あ〜〜……」
「打たれた記憶もないままに彼岸を彷徨っていた」
……うーん。
最近宮本武蔵、油断がひどい。どんどんやられる側のキャラ付けがくっ付いてる気がする。
なによりこの人刃牙戦でやったみたいに、動きの初動の初動部分が読めるはずなんだよなあ。勇次郎には通用しないんすか?あんな闘気丸出しみたい人なのに?


刃牙や独歩、そして烈海王と闘うことで武蔵が理解したこと。
それはこの剣なき時代に生きる者たちが、拳を剣にまで昇華させたということ。

「ただし……それは“武蔵の剣”ではないがな」
顔面叩かれて意識を失ってもなお、自分が天下無双であることに疑いはない様子。

それを聞いた勇次郎はニヤリと笑った……。
ニヤリと笑ったので、そもそも弱点ないけど回避率とかクリティカル率とか上昇しましたね(メガテン4やりましょう)。

握られたままの刀を振り下ろす武蔵。
勇次郎はそれを超筋力で止めたので振り下ろせない武蔵。
あれ?勇次郎優位だぞ。


「あっぱれ!!」
そう言うと武蔵は刀を上に振り上げた。
握ったままの勇次郎の身体が浮いていく。擬音は「ズアッ……」花京院以来な気がする。

ともあれカツオならぬ勇次郎の一本釣りが始まる。
ここから何をするのか……どうにでも展開できそうであるが故の刃牙独特の期待と不安。

つーか本部さん早く守護りに来いよ!!