心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第82話「強靱き肉体」感想

「出世したい!!」
自身の戦う理由を叫び、振り向きざまイメージの刃で勇次郎を袈裟に斬る武蔵。

徳川さんにも分かるほどのそれにも、勇次郎は意に介さず酒を一口。

どうやら武蔵も驚きの肉体。
まるで鎧や甲冑のような強度の勇次郎。鎖骨を斬れなかったのは初めてらしい。
……この変な角度になってる振り終わりは、鎖骨に弾かれたってことか?
勇次郎の鎖骨は何でできてんだよ。

スポンサーリンク


勇次郎の返答は一升瓶の口の部分をピッ!でした。
飛んでいった先端は武蔵の額に当たり、出血。これは烈海王が九節鞭で傷付けた場所と同じか?一目見ただけでその人のどこがウィークポイントか分かる勇次郎のことだから、「まだ完治してねえな」みたいな感じでわざわざ狙ったとか。

「剣を抜かぬまま斬れぬ、通らぬ、断てぬ」
「剣とは言葉遊びか」
うーむ。
先週からそうなんだけど、勇次郎氏の機嫌がすこぶる悪い気がする。
勇次郎といえど「伝説の剣豪」に対してはそれなりにポジティブな空想を持っていたんでしょうね。マホメド・アライに対して持つようなリスペクトを武蔵に対してもしていたのかもしれない。
それが実際に会ってみたらこれかい……みたいな感じか。

「爺ィ、剣を持ってきてやれ」


なんと宮本武蔵2本差しVS範馬勇次郎素手が実現してしまう!?
庭で相対する二人。
武蔵はハチマキまでして気合いを入れ、腰には大小二刀。
一方勇次郎はハンドポケットです。
……勇次郎が上みたいに見えるな。

刃牙が言えなかった「サムライなんだから刀使ったらいいじゃん」
を実行し、さらには烈海王と異なり自身は素手のまま立つ勇次郎。


まずは一本を抜き、正眼に構える武蔵。
勇次郎はその刀を握ってしまいましたよ。

「おっほ〜〜」
「豪気!!」
武蔵の感想が変なことになってます。まあ刀を直接握ってくるやつはなかなかいないよね。

そのまま勇次郎は「宮本」と声をかけた。
「武蔵」ではなく「宮本」!!これは何を意味するのか。


さて、この状況からだと色々考えられます。
勇次郎さんはこのままベキッと刀をヘシ折れる人間なので、その力の流れバトル。
あるいは「刀は引かなきゃ斬れない」のでこのままスーパー握力で引かせない。

……なんか今のところ武蔵が何かやり返すビジョンが思いつかないんだよなあ。勇次郎の前では武蔵すら小者になってしまうのか……。