読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

上質なB級映画「ジョン・ウィック」を堪能

映画・ドラマ 映画・ドラマ-映画

前々から観たいと思っていたキアヌ・リーヴス主演のアクション映画「ジョン・ウィック」が公開されたので早速観てきた。

f:id:hiza10ji:20151018163334j:plain

マトリックス」シリーズのキアヌ・リーブスが主演を務め、元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクション。「マトリックス」ほか数々の大作映画でスタントやスタントコーディネーターを手がけたチャド・スタエルスキが初メガホンをとり、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」を中心とした独自のアクション世界を展開する。愛する女性ヘレンとの出会いをきっかけに、裏社会から足を洗った殺し屋ジョン・ウィック。しかし、ヘレンは病に倒れて帰らぬ人となってしまい、ジョンは悲しみに暮れる。そんなジョンのもとに、ヘレンが生前に用意していたデイジーという名の一匹の子犬が届けられる。亡き妻の思いが託されたデイジーとの生活で再び心に平穏を取り戻していくジョンだったが、ある日、ジョンの所有する車を狙って家に押し入ったロシアンマフィアが、デイジーを殺してしまう。生きる希望だったデイジーを奪われたジョンは、かつてその名をとどろかせた裏社会に舞い戻り、ロシアンマフィアの組織を相手に単身戦いを挑む。

ジョン・ウィック : 作品情報 - 映画.com

引退した伝説の殺し屋ジョン・ウィック。哀しみの連鎖の果てに、かつて自身が所属したマフィアに対して一人復讐を開始する。
ストーリーの骨格はシンプル。
ノリのいいミュージックの中で容赦なく頭を撃ち抜いていく「ガンフー」というスタイリッシュさ。
そして複眼的に絡み合う人間関係。
暗くなりそうなテーマでありながら、それに対する味付けはどれもどこかジャンクな味わい。

コマンド―なんかと同じ雰囲気も漂いながらもさらにダサくてカッコいい、「B級映画の進化形」のような作品だった。

スポンサーリンク



銃を使った新たなるアクション

「拳銃を使ったアクション」というのは地味に歴史的なものがあって(そこまで大層なものではないけど)、遮蔽物に隠れながら撃ち合うみたいなものはもはや飽きられてきていた。

そんな中で登場したのがこれまたB級映画ですかね「リベリオン」という作品で、「殴り合うほどの近距離で銃と体術で制圧する」ガン=カタという架空の戦闘術が登場することになる。

この先にあるのが今回のジョン・ウィックでの戦闘技術「ガンフー」ではないかと。
遠距離では胴や足などへの射撃、近距離では投げによって相手の動きを封じてから、確実に頭を撃ち抜く。
ガン=カタよりもリアリティがあり、かつアクション的にも見栄えがしてしかも殺し屋らしい冷徹さ。
お見事である。このアクションが観たかったがために観に行った映画だし、それだけの期待を裏切らないカッコよさだった。


殺し屋達の止まり木「ホテル・コンチネンタル」

この映画のもう一つの魅力はその世界観。
闇の世界で生きる者達が仕事中の滞在に、また仕事の息抜きに利用するのがコンチネンタルというホテルで、ジョンも復讐を果たすまでこのホテルに滞在することになる。

かつて殺し屋だったジョンが戻ってきて、フロントは「あなたをこうして再びお迎えできて光栄です」の一言。
そしてホテルの中には闇稼業の人間だけが入れる秘密のクラブがあって、そこでかつての同業者たちと交流し、復讐への情報を集めて行ったり。

程よくアニメチックな設定が、気持ちの良い娯楽作品感にもつながっている気がする。
このホテルには「ホテル内ではお仕事禁止」のルールもあって、殺し屋たちは殺し屋同士で仕事次第では命を狙うことになるわけだけど、このホテル内では手を出さない。このルールも終盤で地味に生かされたりする。


ミクロな世界でディープな人間関係

ジョンの犬を殺したのはかつての仲間だったロシアンマフィアのボス、ヴィゴの息子で、ヴィゴがなんとかして息子を守ろうとして雇った殺し屋もまたかつてジョン、ヴィゴと仲間として働いていた男。
ジョンがよく使っていた仕事の後処理をしてくれる「掃除屋」はコンチネンタルホテルにも顔が効き、殺し屋たちの中にもロシアンマフィアのボスであるヴィゴよりもジョンの生き様に賛同し、味方になってくれる奴らがいる。

絡み合う人間関係もどこかスタイリッシュ。なんつーか「コブラ」っぽい。
死体片づけの予約は「今夜12時にディナーの予約をしたい」とか。
この辺がまたダサカッコいい。
こういう世界観を地味だけど丁寧に描いているのがいい。


許されざる者と比較しちゃう

hiza10ji.hatenablog.com

もう2年前っすか。この時観た「許されざる者」とはほとんどストーリー同じなんですよ。
引退した伝説の殺し屋。
復讐のために再び闇へ舞い戻り武器を持ち、敵のアジトに乗り込む。

だけど観終わった後の感覚はまるで正反対で、その辺の味付けの違いこそ十分に堪能したい、そんな2作品。
ジョン・ウィックに関してはすでに続編が決定しているらしく「続編があっても全然いい」作品。
許されざる者に関しては物語として続きは作れるだろうけど「それはいらないよな」と思う作品。



どれも違って、どれもいい。
とりあえずすでに続編が楽しみなジョン・ウィック。
この映画でキアヌは完全復活したなんて言われるけど、確かにそう思えるくらいキアヌはクールでカッコよかった。