心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第37回「夫の忘れがたみ」感想

気がつけばもう37回とか。ちょっと驚いてますね。
ぶっちゃけそのくらい特別に何かが引っかからないくらいでここまで来ちゃってますよ今年の大河。

吉田松陰が死に、久坂玄瑞が死に、高杉晋作が世を去った。
これから明治維新起きますけど、文さんは微妙に坂本龍馬と面識あるだけであんまり関われなさそうなんだけどなあ。
ここから最終回まで何を描いていくのか、勝負所であります。

スポンサーリンク


そういや「京に子がおる」も高杉晋作の遺言っちゃ遺言だな。
長州は幕府との決着を付けるべく、京にて軍備を整え中。

……え?
久坂の子供にまでたどり着くの早すぎるやろ!!
と思ったら戦直前なので辰路さんは身を隠している様子。

大殿様はめまいでダウン。
興丸くんはコマ遊びに夢中。

オープニングまでに全体の近況がさらさらと流れてスタート。
今更だけど、「母」ってのが結構重点を置かれてるよね今年は。


文さん自分からトラブルに巻き込まれに行くとかアホですかい。戦時中とはどういう空間がよく知ってるでしょうよ……。
運命のいたずらか、助けてくれたのが辰路さんでありました。実にドラマ的。

「世話ない」
「あんた長州の人かいな!」
展開が速い!高速詠唱過ぎる!
探る辰路。
これは子供を巡って複雑な問題が増えました。


仁先生のお説教!
この時文さんって歴史的に年齢いくつくらいなんですかね。こんな露骨に直接的アクションしか取れないのもなあ……まあ歪んだ母であり、妻になってしまったので仕方ない。
これは結局、久坂の子に出会っていたことには気付かずですか。


鳥羽伏見の戦い。
戦い自体がほとんどダイジェストじゃん!
あっさり明治になっちゃったよ……いや。え?え!?なに!?
もっと大事に描けよここ!!
いくら主役が文さんのほうだっていっても歴史自体を淡白にしすぎでしょう。


大殿様が倒れたので、毛利家の代替わりの気配。当然奥も代替わり。
しかし文は時代変革の時に「そもそも奥がどうなるか」を疑問に思っていたのである……。


桂さんは中央を。仁先生は中央を支える地方…長州を支える。
つーか日出様はいつまであのテンションやねん。もう出番いらなくね?奥での立場もなくなってるし。


仁先生の帰還!!
なんか扱いが黒田官兵衛状態ですね。
仁先生、大殿様に直接版籍奉還を進言しおった。早い話が「国を捨てなさいよ!」ですからね。
これはスゲエ。
とはいえタイミング良かったとも言えるな。
江戸という時代は自分で終わらせ、新しい時代を息子に託す大殿様。


高杉父、仁先生に現実を教えてあげます。マジで高杉父がイケメン。
「新しい時代に着いていけない者がいる」
これが実情だよね。
文さんはみんなの母になる……という女神様的な展開になるんすかね。


すべてが変わる。
身分の差異がなくなり、異国から学び、新しい日本国を創りあげなければならない。
そのためにすべてが変わっていく。


なんつーか壮大な遠回りの果てに、久坂玄瑞が目指した世界がようやく近付いているんだな……。
なんか文さんは周囲から超人のように扱われていたけど、仁先生あたりは終始普通の一人の人間として扱ってていいですわい。

回想が走馬灯のように……やっぱり吉田松陰が良いこと言ってたなあとか。
で、しれっと仁先生がプロポーズっぽいことかましてるけど奥さんと子供いるよね。


届かぬ言葉……一体!?