心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第26回「夫の約束」感想

友が風になった翌週は夫が何かしら約束するようです。

ぶっちゃけた話、井上真央主演だから視聴率がどうこうって話じゃないと思うんですよね。今年のシナリオとライトさを押しまくる演出が今までの大河観てた人が見限って行ってる原因だと思うんですけど。あとイケメン俳優ガンガン出したところで若い子が観ると考えるのも安直だと思いますよね。
……などと冒頭から批判しつつ本編行きましょうか。


平和主義者の久坂玄瑞と、生粋のデュエリスト来島又兵衛との歪みは拡大。
一方周布政之助はわざわざ高杉の所まで泥酔したまま挑発行動だ!!

毎週毎週オープニングまでの前振りが長くなりすぎてオープニングとは何か訳分からなくなってきた。
スポンサーリンク


薩摩長州を丸く収めようとする公家もいたりして、徐々に龍馬さんの出番が近付いてる気がする。

久坂玄瑞は引退した鈴木杏の元へ。
しかも赤ちゃんできてて久坂の子供説。


スクールウォーズ編。
京の人達は長州の行動に希望を見出し、状況は長州有利。ただしスクールウォーズは未だテンションが危ない。


椋梨さんはアンチ久坂の筆頭クラスです。椋梨妻もブチ切れしてる。
なぜなら久坂玄瑞のせいで下関に海外の軍艦20隻も迫っておるからです。
「御所に兵を進めましょう!!」頭の中の回路が直列電流だ。

まあ個人的にはドラマだけを観ている限り、何もしないどころか人の邪魔するだけのキャラと化している椋梨さんも大概ダメ人間ですがね。
前を向いている人間と前に進もうとする人の足を引っ張る人とどっちがいいかといえばねえ……。


文さんが新しい家を見つけ、杉家を出て正式に「久坂家」での生活をスタート。
これ実際母子家庭的な状態だな。
文さんどうやって生計立ててんだこれ。久坂玄瑞の給料が文さんのところに振り込まれてんのか?


薩摩は長州との連携を断固拒否。
石清水八幡宮での長州の未来を決める最後の軍議にてスクールウォーズが開戦宣言。

夫の約束って政治的な約束と文さんへの「死なないですよ」という約束がかかってるんですな。


スクールウォーズVS会津藩がはじまる!
バトルBGMいいっすね今年の大河。
「長州の汚名を晴らすため、道を開けて頂きたい!」
「……ならぬ!」
「ならば押し通るまでッ!」
議論戦闘アツいぜ。


次回「妻の戦い」ってこれ久坂玄瑞もうヤバい。