心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第65話「次に…」感想

烈海王斬られる。

その時、烈海王は過去を回想していた。

若い時に烈海王が思った疑問。
「あんな金属の板で斬られたってまだ闘えるんじゃねーの?」
「それを試してみたい」

若い時から烈海王烈海王
今、その答えが明らかになる。

スポンサーリンク


時は戻って今。
烈海王は自身の腹を襲う痛みを分析していた。

右拳を犠牲に掴んだ武蔵の刃。
しかしわずかな力の緩みからそれを外され、さらには宙に放り投げられた。


シャオリーをしながらなお内臓が斬られる感覚。
これが斬られるということ。
若き日に思った思考実験は宮本武蔵によって現実のものとなり、「動けぬ」ことを知る。


倒れたまま、立ち上がれぬままの烈。
「次に活かせる」
その言葉を言い切れぬまま意識を失った。

対照的な武蔵。
烈に背を向けたまま、「ふむ…」と一息、納刀。


「勝負あり」の声が響き渡った……ところで次回。


今週はストーリー進展もなかったので特別書きようがない。
むしろ次週、烈海王は生きていられるのかが焦点だ。