心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第24回「母になるために」感想

久坂玄瑞VS新撰組だってよ!!

いよいよ歴史的な意味でも佳境でしょうか。
文さんは奇兵隊のお食事部隊に徴収されて、時代はずんずんハードモードであります。

スクールウォーズ久坂玄瑞周布政之助にブチ切れたところで、なんと追い込むように久坂玄瑞が仁先生に「息子を養子にくれ!」と言いだした!

スポンサーリンク


長州藩士の上洛が封じられた中でなお、久坂玄瑞は京へ向かう。だから子供を頂きたいと。
久坂玄瑞は死ぬ覚悟だが、「父としての務めを果たせ」という仁先生の言葉は明らかに「生」をアピールしている。


久坂玄瑞は京都で見つかったら死ぬ的なパターン。まるでソリッド・スネークです。
一方の高杉晋作は京に攻め込みたくとも内情が分からないので攻めあぐねております。
スクールウォーズの作った遊撃隊が頭の悪いゴリゴリ脳筋サムライタイプなので「ただ無闇に京に攻めこむとそのあとどうなるか」を考えてねえ。


吉田稔麿さんが急激に高杉参謀として頭角を現し、さらに死を覚悟しました。
「ちょっと京都行ってくるわ」がそのまま自殺気味な感じがヤバい。


文さんは公家の三条さんのお世話までしてますか。なんか三条さんいいキャラ出してるよね今年の大河。
京から離れた三条さんと、京へ向かった久坂玄瑞……。


おっと、沖田総司だ!
高杉晋作イケメン参上。そして吉田・入江ペアも合流。
「抜けば死にますよ」で今年の沖田総司のキャラクターが割とハッキリした。
敵役の新撰組は冷徹だからなあ。原田泰造近藤勇カッコよかったなあ……。

武士・久坂玄瑞
木刀・入江九一
風・吉田稔麿
暴れ牛・高杉晋作
……あれ?高杉?


文さんいつのまにか八ツ橋作れるようになってる!
三条さんの心を操るために八ツ橋までこさえる文さんも、仁先生には勝てねえぜ。
吉田松陰と違って、久坂玄瑞には妻という守るべきものがあると。
仁先生の「生きろ」というメッセージはちゃんと伝わってるっぽいね。


ちゃんと改めて「養子にください」と談判する文。
そして明らかになる文さんにはもう一人、姉がいた……!幼くして命を落とした姉と、その後に産まれてきて愛を受けまくってきた文への感情で姉ちゃんがどうしても次男坊を離したくないらしい。

久坂が死ぬから欲しいんじゃない。
生きるために欲しい。
いいですね。希望の子です。

しかし大沢たかお劇場だな……。


久坂玄瑞からお手紙着いたよ!
手紙の中では素直になれる。
「父として」の覚悟が久坂玄瑞を成長させていた。


周布様が酒飲みながら、仁先生に長崎行きが決定したことを伝達。
さらに高杉晋作は長州帰国次第、野山獄行きが決定です。
暗躍するのは椋梨さんです。この人ホント何考えてるんでしょうか。


次週は池田屋事件だァー!