心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第23回「夫の告白」感想

実は俺……人間じゃないんだ

そんなSF的な告白ではないでしょうけど、戦火が拡がっていく中で久坂玄瑞が行う告白とは一体なんなのか。

高杉晋作の嫁から伝わる「久坂玄瑞単独行動」のお知らせ。
うーむ、文さんに直接伝えられないのは後ろめたさからなのかなんなのか。

スポンサーリンク


結局攘夷運動をしているのがまだ長州だけというのが日本人らしい気もする。実際に行動まで移せないのが日本人っぽいねえ。


奇兵隊に俺は入る!」
耳が聞こえなくたってできることがあるんや。
きっと初めて「侍魂」を表に出したんじゃなかろうか。同じサムライであるオヤジにはそれが分かり、母は母であるから止める。

とはいえ旅立ちの朝にバックアタックかけなくてもいいと思うけどな。


仁先生登場!
高杉・久坂ペアの活躍をお伝えするぜ。


しかしその久坂玄瑞は薩摩に嵌められた!
一気に長州が追い詰められました。奇兵隊が動くにも、御所の警護が薩摩と会津だから戦うこと許されず。

これ長州藩って相当苦悩の歴史だったんですな。今回いろんなことありすぎて感想追いつかない。



久坂玄瑞を絶望が包む。
やりたいことをやろうとするあまり、長州藩を追い詰めてしまっている。
……いや、彼は頭が固すぎるだけなんすよね。もうちょっと柔軟になろうよって初登場した時から思ってたけどな。


やってきたスパイ行為が無駄になっちゃった芸妓さんもまた絶望に包まれていた。
久坂さんも辰巳さんも同じような状態になりました。
ここに来てちゃんとお互いの心が通じ合う感じですかね。

もうなんかこれ久坂さんが始末つけて欲しい状態だから、先に「始末してください」って言われてメンタルぐちゃぐちゃみたいな。
妻の文さんには見せられない部分が見せられる人を得てしまった久坂玄瑞。これはタイトルの告白フラグだ!


久坂玄瑞、気まずい。
文さんに何も話さない。話さなすぎておかしくなってる夫婦。
文さんの思いやりが久坂玄瑞の心を抉っていくゥ!
そしておもむろに不倫を公表だ。いや、なんつーかこれ久坂玄瑞がいろいろ下手くそすぎるっつーかもうどうすりゃいいのこの人。


次回は「母になるために」です。
ちょっともう分からなくなってきたよ。