心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第18回「龍馬!登場」感想

松陰が世を去った次の週から早速風雲児・龍馬が登場。
アニメ版北斗の拳でいうと風雲龍虎編突入。さしずめ龍馬は南斗水鳥拳の使い手です。


松下村塾のメンバーは松陰の墓の前で気持ちも新たに。
文さんは天国の兄に「見守っていてください」と想いを託す。

人の心に想いを残し、松陰は天に行きました。あれ?こっちの方が南斗水鳥拳使えそう。

スポンサーリンク


松下村塾終了だと思ってる叔父上と、松下村塾はこれからスタートだという文さん。
仁先生が新しい導き手かと思いきや、井伊直弼を警戒する藩の意向で動けない仁先生。


珍しく雪が降っている……。
「今日は早く帰る」
鮮やかにフラグを回収して大老井伊直弼フィニッシュ。ここダイジェスト気味にやるなよ。
結構ビックリイベントですよねこれ。直接関わらなかったとはいえ、それを幾度も思ったであろうチーム松下村塾。その心境やいかに……って感じで。


仁先生、詫びるしかねえと思う……かと思いきや、自分の意志で松下村塾と距離をとることに。
それは松下村塾を守るためだからこその決断でした。こういう現実との折り合いをちゃんとつけるから仁先生は生き延びたんですかね。


入江さん帰還!
結局みんなニート気味。くすぶり気味。
だけど松陰の遺志が受け継がれていていい感じのムード。



「朝廷と幕府の上下」。
これ自体は極めて重要なことだが、仁先生はやっぱり現実見てる。
でもアウェーだなあ仁先生。
そしてッ!
久坂玄瑞を飲み会にねじ込むという荒業に出た仁先生だッ!!

久坂玄瑞は松陰先生絡むと暴走するね。
未だに志がフワフワなのかよ玄瑞。


なんか松下村塾がまた変な方向に向かいだしたな。
松陰の遺志を勘違いしているのでしょう。
ビッグボスとゼロのお話みたい。


スーパー怪しいよね坂本龍馬の初登場感。
豪放磊落。龍馬伝より仁の龍馬っぽいね。
妹から吉田松陰を聞く坂本龍馬
吉田松陰の改革の魂は坂本龍馬に受け継がれるパターンか。


何物にもとらわれない。
それは「自由」。
松陰が求めたもの。坂本龍馬が求めるもの。

死してなお生き続ける。
それが吉田松陰
これ坂本龍馬が安定の名言を放ちました。


一粒の籾として、久坂玄瑞は育っていかなくてはならないんですな。
籾……ああ、ミスミのじいさんを思い出す。


次週は一転してライトな感じのストーリーでしょうか。女たち、手を組む。