心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

軍師官兵衛 第47回「如水謀る」感想

さあ今週から歴史シミュレーションゲーム「如水の野望」がスタートです!!

関係ないけど、九郎右衛門ってば小栗信長のほうでは浅井長政ですよね。
f:id:hiza10ji:20141123185655j:plain


徳川の狙い、結局はその通りに三成は動くしかない。この時点で天下をコントロールしているのは家康だし、まあ勝っちゃってる感は否めない。

豊臣と徳川、天下を二分する戦いが目前に迫る中、黒田官兵衛が出した回答は……。


スポンサードリンク



命は狙われない、ね。
今の家康、狙う側だしね。
官兵衛としては最後の戦いの相手に相応しい狸っぷりよね。


おねね様、官兵衛と思考のステージが同じ位置じゃん。「軍師ねね」登場。
官兵衛は黒田のために動き出す。

長政は露骨に政府転覆の話をしちゃう。
官兵衛と長政はもう別の家の人間って感じですな。


いとちゃんの精神が……。
長政、どうする?


さすが九郎右衛門、優秀。全部仕込みは完了。
官兵衛のやりたいようにやる準備は整いつつある。すっげえ楽しそうだな。
天下取り、最高のゲームなのだろう……。

秀吉が信長に縛られていたように、官兵衛もまた秀吉に縛られていたのかもしれませんね。


長政……。現実的な話ではあるけど、多分に感情が入った「徳川に付け」。
なるほどね、長政は家康の軍師になりたい、みたいな。父ちゃんが秀吉の軍師であるように。
「わしはわしの好きなようにやらせてもらう」
カッコイイねえ。


官兵衛が三成のもとへ。フゥー佐和山の城は三成には過ぎたるものでっせ。
具体的な家康討伐の策を伝えてあげる官兵衛。でもそんなもんは通じないことも教えてあげる官兵衛。

しかしあれですね、官兵衛が西軍に着いていたら何か変わったのかな。
真田は東西に兄弟が分かれてたわけだし、面白くなった気もする。


佐和山のあとは広島の毛利へ。今週の官兵衛はアクティブ。
つーか安国寺恵瓊が長生きだな。
毛利は西軍だったな。戦場では静か〜にしてたけど。
……官兵衛は何を考えてるんだろ。


1600年。
運命の年がやってきました。
徳川家康、怖ェ!!「ああ酔った酔った」怖ェ!!
井伊直政黒田長政の会話がまた……怖ェ。
え?長政はいとちゃん捨てるの?
マジで?え?これはさすがにちょっとひく。
長政さん、突然恐ろしく冷徹になるからな。


上杉謀反。
連携して三成謀反。
家康が討伐に。
……官兵衛の狙いは東西の激突による消耗。これは一般的に言われてる官兵衛天下狙い説の流れですね。


しかし長政って離婚してたんだねー。ちょっと知らなかったな。


「黒田家は徳川方」というのははっきりしたので、かえって官兵衛は暗躍しやすくなったのかな?

時は来た……。
家康の動きを確認し、おおっと大谷吉継登場!
真田、鍋島、島津と豪華な名前があったりするのがアツいですね、西軍メンバー表。
きっちり動いていれば勝てたのになあ西軍なあ。


これは来たな……来週は関ヶ原
それはつまり、黒田官兵衛最後の戦いの幕開けを意味する。


……もしも関ヶ原が長引いて、そして官兵衛の思惑通りに行っていたら……。ロマンは尽きません。


次回「天下動乱」。