読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

ばりごく官兵衛・その2

どこに需要があるのかまるでわからない「ばりごく麺×軍師官兵衛」のコラボ、続きです。


長政「石田三成さん!!話の続きを聞かせてください!!

三成「黒田官兵衛に初めて会った頃 私は“絶頂”の中にいた・・・!!

f:id:hiza10ji:20141019200818j:plain

ばりごく麺 2 (ヤングジャンプコミックス)

ばりごく麺 2 (ヤングジャンプコミックス)


スポンサードリンク



戦国時代、織田家の後を継ぐ形で連綿と歴史を刻む豊臣家で 
私は20代にしてすでに吏僚の筆頭となっていた

家は連日私の政策目当てに長蛇の列・・・
「上手い!噂通りの上手さだ!!(資金調達が)
絶賛の声・・・!!

ひとたび評定に出れば周囲からの憧憬のまなざし
私はその頃私の内で・・・
“絶頂”の中にいた・・・!!



・・・そしてうらさびれた
・・・見知らぬ陣屋で 私は黒田官兵衛の軍略を聞いた・・・!!

陣形図の上にはチャーシュー ネギ ゴマ キクラゲ 紅しょうが・・・

官兵衛「動かせ!!兵法は見るもんじゃねーぞ!!動かせ!!

三成「すいません・・・軍配をいただけないでしょうか・・・!!

官兵衛「おっと!!そうだったな ほれ!!


軍配を持つ手が微妙に震えた・・・
なんて甘い・・・コクのある陣形なんだ・・・!!

うまい!!


涙が出そうになった・・・
初めて知る・・・戦法!!
うれしかったのかもしれない・・・屈辱だったのかもしれない・・・!!

その戦法は・・・噛めば噛むほど中から援軍が染み出してくる
こんな戦法この世の中に存在していたのか・・・!!
知らなかった・・・


武将が皆が言うところの“兵法”を上手に作れるのは当たり前のことだと考えていた・・・
私は間違っていた!!

そもそもこの戦法に全く雑味がない!!
きっと 立案の過程で情報を焦がさぬように丁寧に可能性をかき混ぜた結果だろう

官兵衛「うまいだろ!?大盛で正解だったろ!?

苦みもない!!
リスク回避も適切だ!!

たやすいようで決して完璧にできない工程を
この男はたった一人でさりげなくこなしている

最悪だ!!
・・・最悪だ!!


こんな・・・ガサツな男の作った軍略を・・・
この上もなく素晴らしいと思っている自分が・・・最悪だった!!

三成「後日・・・あの陣形が龍鱗陣だと知った・・・!!
伝説の・・・龍鱗陣!!
今でもはっきり覚えてる・・・
黒田官兵衛の・・・戦法を耳にした時の
衝撃を・・・!!

三成「しばらくして黒田官兵衛のいるその陣屋に・・・“おじさん”が来たよ・・・!! 当時はまだ羽柴を名乗る秀吉様だった・・・!!

秀吉「官兵衛殿!!ダメだよーっ
旗挙げちゃダメーっ
今は停戦中なんだから!!

効けばその日は停戦状態・・・黒田官兵衛は若い頃から秀吉様に仕える軍師!!
やたら戦について詳しい・・・天才軍師!!
その日黒田官兵衛は どうしても自分で“試供兵法”を作りたく・・・
停戦中のその日 無理を言って陣屋を貸してもらった・・・とか

秀吉「で どうだったの

官兵衛「おかげで納得のいく作戦が完成したよ!! 良さはそこの内政担当に聞いてくれーっ 大盛完食だ!!
あんた 金はいらねぇからな!!秀吉様をひいきにしてやってくれ

秀吉「・・・いらっしゃい


危険だと思った
あまりにも危険な男だと思った・・・

私が豊臣家の中で完全無欠な存在になるためには
この男は障害になると思った・・・
兵法によって 私の牙城を崩しかねない男・・・・・・
だから・・・だから


三成「私は・・・羽柴家の政務官です・・・

官兵衛「秀吉様!!寸胴の中の戦法 物好きな奴がいたら使わせてやってくれよ!!な!?

三成「私は・・・私はあなたを殺す!!

官兵衛「・・・殺す!?

三成「同じ羽柴家臣として・・・兵法で殺します!!

官兵衛「なんか知らねぇがオレに闘いを挑むってことか・・・!?


おもしれぇ!!水攻めなら受けて立ってもいいぜ!!

備中高松城の戦い - Wikipedia
忍城 - Wikipedia


後悔はしている。
うーむ、もうちょっとうまくミックスできたかな。