心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

金蛇水神社への参拝

今回は水と富のビッグ神社である、金蛇水神社へと足を運んできた。

最寄りの駅は岩沼駅。仙台からは20分ほどで着くのだが、そこから神社まではなかなか遠く、徒歩だと20~30分ほどかかる。
バスも出ているが、せっかくの晴天。
わたしは歩くことにした。

岩沼はなんというか、畑などとお店などがいっしょくたになっているような街並みで、嫌いではない感じである。
朝日山公園という緑豊かな公園もあったりして、なんというか「バランスがいい」というか。うまく言葉にできないのだが。


そうこうして歩いていくと、左折した先に神社がありますよという標識が見えてくる。


f:id:hiza10ji:20140929220748j:plain
曲がった先の、神社までの最後の道のりがなんとも素敵だったので思わず1枚。
右には畑が広がり、左にはゴルフ場があったりして。
空の青さに心奪われているうちに、神社に到着する。

スポンサードリンク


f:id:hiza10ji:20140929220759j:plain
駐車場、参拝者休憩所の脇を抜けて奥に進むと見えてくる「金蛇水神社」の鳥居。
祭神は水速女神という、その名のとおり水を司る神様だ。そして龍や蛇は水神の化身とされることもあって、この神社では「金蛇大神」とも呼ぶらしい。

f:id:hiza10ji:20140929220809j:plain
歩いてきて暑くなった体温を手水舎の陰で少し冷ます。
気持ちの良い風が吹いてきて、疲れが一気に吹き飛ぶようだ。
水の名所でもあり水が流れている影響なのか、神社全体の空気はどこかひんやりとして清浄なものを感じさせてくれる。
神聖感すごい。

f:id:hiza10ji:20140929220820j:plain
拝殿。
やっぱりなんというか相性みたいなものか、自分の心の影響もあるのだろうが、「巳年である」ということで非常にここの空気は気持ちがよいのである。


ちなみに本殿の左側には「蛇紋石」と呼ばれる、蛇のような文様のある石が多数並んでいる。
この石を財布で撫でるようにしてあげると金運アップ!ということで、丁寧に撫でてきた。


神頼みはあんまり好かない、なんて過去には散々言ってきたが、ちゃんと神頼みすることも自分が行う行動のひとつだと思うと悪いことじゃないと思うようになってきている。
でも神様もものすごく多くの人のお願い事を聞いているのだからさぞ大変でしょうという気持ちも忘れないようにしながら、この澄み切った空間を後にした。