心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

軍師官兵衛 第38回「追い込まれる軍師」感想

f:id:hiza10ji:20140921200037j:plain

黒田長政の独断によって、事は既に終わっておりました。
今の秀吉を諌めるものが近くにはいないわけで…。


長政によって既に賽は投げられ、長政の行動はエスカレート。
なんだかんだで長政はひたむきに「黒田家」のことを考えているんですが、バカさと真っ直ぐさが悪い方向に掛け算されてますな。

スポンサードリンク


せめてもの情けといった具合でしょうか、「腹を切れ」は。
しかし今年の大河ドラマはこういう黒い部分もちゃんと描いているのが好感持てますね。


官兵衛が息子を、長政が親父を……。
どちらもその手に罪を背負いて……。

秀吉的には長政は「言うこと聞く」からいいってだけでしょう。
何故官兵衛を遠ざけたのか、あたりまで考えるといたって単純な話ですけどね。


逃がすのか……。
とはいえ、家族殺されて一人になってしまったのに、それでも生きていくのは辛いですよね。特にこの時代。
「……死んでは、仇は討てぬぞ。」
なんでこんなにいい腹心いるのに長政カスなんでしょうか。


「父上のお伺いも立てず」
って過去何回やってんのかねっていう。もう長政を牢に入れたいです。
……でもこのタイミングで長政と官兵衛の考えは一致するんですか。うーん……。

竹中半兵衛の言っていた非情さ。
ここにきて少し理解してきたというところですか。


やったぜ清正出世だ!!
加藤清正戦国無双でも使いやすくて強いし好きです。
「俺のためにと競い合うガキ共が俺をさらに押し上げる」的なプッチ神父理論。
ああ、秀吉が神になろうとしています。
どんどん嫌いになってきました。


自分の言うこと聞かない奴は切腹
もう秀吉は信長の悪い所を全部引き継ぎはじめました。


秀吉、誰のおかげでここまで出世できたと思ってるんですか。
やっべー……これ利休切腹フラグだ。
自分の思い通りにならないとダメって、秀吉駄々っ子状態です。


ねね様と茶々様の戦いもじわじわと激化。
官兵衛とねね様が上手く連携すれば……!!
うーん、歴史のifではありますけれど、官兵衛謀叛して欲しいものです。


秀吉、三成、茶々が欲望に飲まれた歪んだチームを結成している状態。
そして清正・正則と石田三成との間にも確執は深まるばかり。
国内には北条家がまだ反発中。
内外にまだまだ問題ある感じですよね。


家康が薬を作っています。
もうこれは完全に家康の方が3枚くらい上手です。最後の勝利者はやっぱり家康って感じですか。


黒田官兵衛徳川家康の邂逅。
うーん。またまたifですが家康と官兵衛が連携して謀叛も面白そうです。
家康は野心持ってますよー!!

この時代、利休の役割はかなり大きいものだったと思うんですね。
地位や立場をフラットにできる場所、それが茶室ですから。間接的に時代を動かしたと言えると思います。


次の天下人は官兵衛。