心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第26話「少年」感想

ついに刃牙宮本武蔵の闘いがはじまる!!


徳川さん、「こんな場所でやるのはもったいない」と言いますが、だったら始めから闘技場あたりで会わせればよかったのにと思うのは私だけでしょうか。
佐部京一郎さんのときみたいにね。

スポンサードリンク


「もったいないだって。どう思うよ少年」
「アンタがここに連れ出したんだろ」
って具合で会話をする二人ですが、余裕のある武蔵に対して刃牙くんは臨戦態勢のまま。

ここで徳川さんが武蔵に尋ねます。
刃牙の強さはどうだ、と。
徳川さんの知る限り、最強とは範馬親子のどちらか。宮本武蔵の求める「強き者」のメガネにかなったかどうか…。


返答は「有馬や秋山ではかなわなそう」というものでした。どちらも宮本武蔵が若い頃に立ち会った男。
じゃあ誰くらいかなあ〜。んン〜……

と考えている武蔵に、奇襲のハイキックを放つ刃牙!!さすがバキ、やることがきたねェや!!


でもあっさり捕まります。片手で足首を握られ、そのまま持ち上げられちゃいます。
武蔵すげー。力を込めて握ると刃牙くんが痛がるくらいの握力。
片手で1キロ以上ある刀を自在に振ることができる身体能力、さすがです。

武蔵はそのまま言います。
琉球か」
どうやら武蔵は直接立ち会ったことはないものの、足技を使う武術が琉球に存在するというウワサは知っていた様子。空手のことでしょうね。
その上でわざわざ片足という不安定を自ら作り出すとか……みたいな感じで、疑問も持つ武蔵さん。

そのまま上段に刃牙を構え……地面へと振り下ろしたァ!!
これは佐部京一郎さんの前で行い、刀が折れてしまったアレを範馬刃牙という身体で行ったカタチ。

地面に叩きつけられた刃牙。一撃で終了……!!


いやー。
勇次郎にドレス(人間ヌンチャク)されても大丈夫だったのに、これは一発なのか刃牙

言ってみれば来週からが本当の意味で「刃牙道」のスタートではないか、と思わせる回でした。
武蔵に敗れた刃牙が、これまで闘ってきたことの意味なんかを考え直し、そうして同じことの大先輩である宮本武蔵からも学んでいき、「道」を歩き出す。

そんな感じになるのか、それともピクル編みたいな群像劇風になるのか。
あと烈さんなにやってるんですかね。