心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

軍師官兵衛第32回「さらば、父上!」感想

f:id:hiza10ji:20140811181801j:plain


秀吉負けましたー!
小牧長久手、戦いそのものは負けたものの交渉でなんとかするのが秀吉のスキル。

結局毛利との和議の後処理も難航していたようであります。


日本統一への道のりは一見順調。
秀吉、近衛前久の養子になって関白へ!!

……秀吉は家康のこと嫌いなんですか?
とか思ったら三成の進言ですか。
三成と茶々様の仲が深まってるじゃない。
【スポンサードリンク】


官兵衛との距離が少しずつ開いていきます。うーむ、不穏。
秀吉、権力を得たことでゆがみ始めてきましたね。

「官兵衛は、先が見えすぎる」

これは官兵衛に恐怖を覚え始めている。


荒木村重、つくづくいいポジションです。
なんだかんだで「官兵衛の見えていない一面」を伝えるメッセンジャー。信長についても秀吉についてもそうですね。

家康は侮っているわけじゃないと思うんですよ。三成の言うように野心がエンジンとなっている。
三河魂」。信長の野望でも三河武士のスペックヤバイですからねえ。

確かに家康のチームとは違って、急激に版図を拡げ仲間を増やしてきた秀吉の軍はただ数が多いだけってことですね。


三成、官兵衛殿に嫉妬なう。


長政の苦悩。
政治って難しい。長政と村人たちのすれ違い。
戦国時代の大名って、戦がフォーカスされますけど大部分は治世だったのだと思うのです。
この辺のお話をもっとディープに描いてもらいたいものです。

爺ちゃんの最後の教えは、孫の長政へ。
父ちゃんの最後の教えは、子の官兵衛にも。
「急ぐなよ」ってことですね。

爺ちゃんの言葉は、父ちゃんへ。
父ちゃんに伝わったその言葉は、孫の長政へと。
……いいですねえ。
「わしはまだまだだ。民の声が聞こえておらぬ」


四国攻めだー!
長宗我部元親、一瞬だけかい!
同時期に秀吉は晴れて関白へ。
さて、家康はどう動くか……。


爺ちゃんの死に方、突然すぎますがな!!
でも一番幸せな死に方ですね、はい。
戦国の綺羅星がまた一つ散りました。
「父上ーーッ!!」はなしですか。


……話のタイトルに対して「さらば、父上!」要素がトータル10分くらいだった気が。