心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「軍師官兵衛」 第31回感想

早速清須会議にて秀吉が一歩先んじる!!


f:id:hiza10ji:20140803200201j:plain

第31回「天下人への道」感想です。


歴史を知っている身からするとここからもなかなかドラマチックでアツいんですけど、どうも一般的には「信長の死後」からはすごくさっぱりしているような気がします。

信長死ぬ→秀吉天下取ってしばらくして死ぬ→家康天下取る

ぐらいに端折られてるような。
ここからの秀吉だってかなり大変だったんですよ!?


【スポンサードリンク】


本当の戦いはこれから。
かつて織田信長に仕えた同僚たちは、みな敵に。
そして徳川家康はじめ他の大名たちだって黙っていませんよ。


柴田勝家お市様とご結婚。
織田信孝、そして信長の孫・三法師を絡めて戦いが進みます。

この時代の「大義」って大切なもので、信長の葬式を行ったというのは民衆のイメージも味方につけるので強かったと思います。

しかし拠点の位置がかなり左右した気がするのが秀吉VS勝家。
勝家は少しでも京都に近いところに移れば良かったんじゃないか、とか考えてしまいますね。


きっちり千利休と秀吉の確執も描くみたいですね。
伊武雅刀の利休、なかなか。


毛利の内部がバラバラ!!


今回は戦はないけど忙しいですね。お次は義昭公のもとへ。
地味に官兵衛と小六のペアで外交することが多いことに気が付きました。


村重ッ!!
そういや利休七哲でしたっけ。面白い展開。これはいい演出ではないですか。
一度は殺されかけた相手の点てたお茶。普通は怖くて飲めませんかね。


しかし官兵衛の親父、長生きですな。
小六の娘、長政と結婚するんですっけ?
ギャップ萌えですね、はい。
つーかこんな感じでいいのか!?出会って2回目で結婚か。ゴリ押しすぎます。


いいなー。
利休の庵で私も暮らしとうございます。
なんという再開。
官兵衛、村重、右近の三つ巴。

村重は村重なりに戦い続けてきたわけですね。
そして生への執着が村重を蝕んでいます。
罪の意識と生への欲望とが、村重を壊している。
荒木村重の知る「天下の魔力」。これは確かにあると思います。
……しかし荒木村重、ほんといい配役ですね。

天下は数え切れないほどの屍の上に作られるわけです。それを忘れさせるのが「天下の魔力」。


秀吉動く。
ついに賤ヶ岳の戦いです。
いやー、このあたりダイジェストですか。
「江」の時はねー、ここ大切でしたけどねー。
あとは茶々様が……!


天下は決した。
……いやいや、家康が残ってるんです。
「官兵衛、お主だけは敵に回したくないものよ」
これは伏線ですね。



次回「さらば、父よ!」
ついに世を去りますか!