心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「軍師官兵衛」 第26回感想

長政、まだまだ青いぜ。
軍師官兵衛第26回「長政初陣」感想です。


もうなんか、全体的に長政にイライラする回ですねこれ。
高松城攻めの話も盛り上がり、口を出そうとした長政を止める官兵衛。

し……清水宗治かっけえ!!


【スポンサードリンク】


清正、正則登場!
自分、加藤清正好きなんでね。戦国無双でも強いっすよね。


信長キレる。キレるぞぉー!
光秀もはや……。



やっぱり信長はダークヒーローなんだなあ、と。
でも信長好きなわたしとしては、これまで何もしなかった朝廷に問題があると思うねん。


いや、戦なんてない方がいいんだよね本来。
長政マジ……。


清水宗治かっけえ!!かっけえー!!
高松城水攻めと清水宗治に関しては一回調べてみるといい。ホントに男気ある武将の一人。


安国寺恵瓊、お久しぶりです。
こんなに恵瓊が大活躍する大河ドラマ初めてじゃねーか。


長政初陣。
長政は命の使い道をまだ知らないと。己の立ち位置をまだ知らないと。

うーん、史実に割と忠実なんじゃないかな、長政。
実際、官兵衛と違って軍略的な才の話は少ないし。


高松城攻めのジオラマ作り始めちゃったよ!!
「水が邪魔をするなら、水を使う」
スケールデカイよな、水攻め。
商人上がりの経済感覚がある故の戦略って感じもする。


黒田官兵衛の次男って全然話ないよね。


次回はいよいよ高松城水攻め。
そして本能寺へ!!