心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「軍師官兵衛」 第25回感想

「栄華の極み」感想です。

荒木村重の謀反を鎮圧、播磨も統一した上本願寺との和睦も成り、信長の治める地は拡大の一途を辿る。

黒田家も養子や預かった子供達で賑やかに。
織田も黒田もまさに栄華の最中で、じわりじわりと忍び寄る転落の影。


盛者必衰の第25回、感想です。


【スポンサードリンク】


明智光秀はもともと朝廷と親交がありますからね。
……今回の大河では、光秀の謀反の理由は「朝廷の暗躍」で行く感じですか。


官兵衛、光秀と会う!!前に姫様が会いに来る!
光秀の娘と言ったらガラシャのイメージ強いんですが、こんな方もいらしたんですねえ。


あっさりと光秀が心理を吐露しやがるぜ。
「光秀も裏切るかもなー」程度は思う感じだな。

公家にも会うことに……。
基本的に朝廷側の思考回路はパッシブすぎるんだよな。
「てめーらただ権力を抱え続けたいだけであって、より良い変革をしようとはしてねーだろ!」ってのが信長側の言い分だろうし。
仮に朝廷側も保守的ではなければ、信長との関係もまた変わっていたのだろうとか思う。


宇喜多殿は死の直前でも面白い男。
見切っているな、信長では天下を治め切れないと。
直家の嫁は嫁で宇喜多の人間らしい女性で。


なんで信長がキリスト教にオッケー出したかよく考えれば良かったんだよね、本願寺とかはね、うん。

>信長は黒人のサムライを手に入れた!
>手に入れたサムライに名前をつけますか?
>やすけ


そういやしれーっと官兵衛の配下三人衆もヒゲ伸ばし始めましたね。


魔王に俗世の官位は必要なし。
新しい秩序の構築こそが信長が己に課した使命。


安土城ライトアップ!!


秀吉は分かってる。光秀は分かってない。
既に信長は日本統一後のことを考えている。
常に先を先を見続ける信長。この考え方って極めて現代的である。


来ました、サムライ魂の塊、清水宗治登場。
彼はカッコいい死に様ですから乞うご期待。



黒田長政に進化したぜ、松寿丸。
来週は長政が実戦の中で学んで行くわけですね。

「長政初陣」、楽しみです。