心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

旅3日目 奈良までリターン&日本人の故郷、明日香村

f:id:hiza10ji:20140530185636j:plain
昨日泊めていただいた海に面したホテル「尾鷲シーサイドビュー」の最寄り駅である賀田まで戻り、8:43に出発。

いくつかの乗り換えを越え、今日の目的地である明日香村の最寄り駅「飛鳥」に着いたのは2時。

f:id:hiza10ji:20140530185829j:plain

f:id:hiza10ji:20140530185842j:plain

駅前の風情も既に仕上がっている。これはいい。


さて明日香村であるが、日本史の授業で出てきた人物や物に関する遺跡、寺社仏閣のオンパレードとなっていて、私くらいの健脚であれば徒歩で見て回るのにちょうどいい距離感となっている。
駅前にはレンタサイクルもあり、遺跡をつなぐ周遊バスも出ているので、晩年の黒田官兵衛をはじめ立花道雪大谷吉継も安心だ。


f:id:hiza10ji:20140530190102j:plain
道なりに進むと見えてくるのがこちら「天武・持統天皇陵」。宮内庁管轄という看板がガチ物感を引き立てる。
f:id:hiza10ji:20140530190631j:plain
ちなみにちょっと高い場所なので、振り向くともういい景色。
四方が山に囲まれていて、どこを向いても絶景だ。


f:id:hiza10ji:20140530190947j:plain
甘樫丘展望台からの風景。時間と体力があれば是非登って見回すといい。


降りてから田園の間を抜けると、間もなく見えてくるのが「蘇我入鹿首塚」。
f:id:hiza10ji:20140530191220j:plain
蘇我入鹿 - Wikipedia
首塚はちょっとしたオカルト系伝説の地で、大化の改新(正確には乙巳の変である)というクーデターに敗れ首を刎ねられた入鹿。その首がここまで飛んできたとか。
突如ポツンと現れるものの、コレ結構アツいです。手を合わせて……振り向くとそこは飛鳥寺。

f:id:hiza10ji:20140530192625j:plain
日本最古のお寺。そしてここの本尊・飛鳥大仏ももちろん日本最古の仏像。素直に感動してしまった。

お寺の前の売店では、「蘇」も売っていて試食もできる。
蘇 - Wikipedia
「日本最古のチーズ」である蘇。
少しパサパサしているがほんのり甘く、普通に美味しくてビックリ。日持ち次第だが、明日お土産に買うかもしれないクオリティ。シンプルな素材の美味しさが美味い。

f:id:hiza10ji:20140530193137j:plain
美味いといえば今夜の民宿での夕食。
お刺身、天ぷら、酢の物、煮物、茶碗蒸しと至れり尽くせり。多すぎて少し残してしまった。
アットホームなご夫妻と、民家をそのまま利用しているということで田舎の実家みたいな感じのお部屋。
スーパー落ち着く。


明日は朝食を頂いたら、のんびりと明日香村観光の後編。
石舞台古墳も近い立地なので、この旅で最も楽な一日になる……かな?
とにかく暑いんで、どうなるかってところで……。