心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「軍師官兵衛」 第21回感想

リアルタイム視聴。

第21回「松寿丸の命」です。


しかし前回の官兵衛は現代戦闘術の天才でありました。

官兵衛の部下、有岡城下にきっちり潜入中。
意外ともこみちが冷静である。

土牢は寒そう。岡田官兵衛、ヒゲも結構似合いますな。


あ、ちなみに「戦国無双4」を買いまして。

合戦中のセリフに「小寺の軍師か……」みたいなのを見ると、世相なりメディアが影響してるなあ、と。



官兵衛、まだ頭ははっきりしてるみたい。
織田軍の攻めは無駄が多いらしい。

荒木村重もやりおる。有岡城はこんなに強固だったか。
まあ罠だよね。「手薄です」とか素直に突っ込むあたり。

……これは官兵衛裏切ったと思われるやつや!!


「官兵衛だ……官兵衛が裏切ったッ!!」

松寿丸がヤバい!!
というか信長のテンションのほうがヤバい!!
「松寿丸の首を刎ねよッ!!」



九郎右衛門がここまで感情爆発するのは初めて。いやー、普段静かだっただけに官兵衛への想いが逆に強調されていいシーン。


半兵衛、この目……。


荒木村重、なんでも使って官兵衛を仲間にしようとする姿勢。
「信長はお前の息子の首を刎ねた」
ってのはかなり心に響く。


「松寿丸が処刑となった」
この情報は凄まじいな。
……まあ生きているんですが、当然「殺したことにした」ことが信長にバレたりするとアウツですから……。

多分綺麗に半兵衛が回収しますよね。


秀吉の独り言がもう……。
「誰がなんと言おうと、わしは官兵衛を信じておる!」

官兵衛の父ちゃんも……。
「二人とも……二人とも失ってしまいました」

このシーン来るねえ。
秀吉の男気。
ちゃんと詫びた上で、引き続き織田についてくれとはっきり言う。


松寿ウゥゥゥゥッッッ!!


荒木村重、強い。
信長、ついに尼さんにお説教される。


官兵衛、キアヌ・リーブスっぽくなってきた(見た目)。


毛利の援軍はまだ来ず。荒木村重もちょっと焦るよな。
光秀の時もそうでしたが、謀反って謀反が始まる前に全て決まってる感じ。


さすがは半兵衛。
松寿丸は内密に匿っておりました。
半兵衛、自分の命で済むなら差し出しましょうってな感じか。
ことごとくイケメンである。


松の木。
松寿丸は生きているというメタファー。
「松寿、生きてるんじゃね?」
と受け取った側が気付けなかったら厳しい謎かけ。

しかしおね様、粋な演出。


官兵衛、迫真の演技である。
一番松寿丸の無事を知りたい官兵衛が分からない。辛いですねー。


次回は「有岡、最後の日」。