読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「ダークソウル2」私的攻略 忘却の牢

ゲーム

f:id:hiza10ji:20140321221048j:plain

ようやくクリアできた

忘却の牢

なのだが、ここに関してはマップ自体の難易度よりとにかくボス戦がトラウマとなるエリア。


月夜が幻想的なマップで、2箇所のエリアから進入できる。


「ダークソウル2」私的攻略1 スタート〜朽ちた巨人の森 - 「げ」の一歩 改
最短ルートとなるマデューラ〜朽ちた巨人の森〜忘却の牢ルート。

「ダークソウル2」私的攻略 隠れ港 - 「げ」の一歩 改
おそらく正規ルートになるのではないかと思われる、マデューラ〜ハイデ大火塔〜隠れ港〜忘却の牢ルート。

どちらも到着した場所に篝火があり、お互いに移動すれば到着するので、到着したら違う方の篝火を探してみるのもいい。

もちろんどちらのルートも開通させてからじっくり探索に腰を据えるというパターンもありだ。装備やアイテム、取得ソウル、なによりプレイヤーの技術が上がっているので攻略しやすくなるはず。



朽ちた巨人の森から進入した場合

一見道がなさそうに見えるが、

f:id:hiza10ji:20140321222408j:plain

ここの建物の縁はこのまま進めるようになっている。また、右に曲がれば小さな広場にも進めるようになっている。

開幕から攻撃力の高い王国剣士達が大量に立ちふさがっている厳しいルートになるので、扉の入り口を使う、攻撃範囲の広い武器を使う、火炎壺や弓を使うなど、あらゆることを試して考えていくといい。

隠れ港からのルート

一転こちらははじめは穏やかなルート。

デカイがのっそりした敵はしっかり回り込み、攻撃後の隙を叩く基本通りの立ち回りで安定。

突っ込んでくる犬は左右への移動でかわして反撃。攻撃力は低いので、「邪眼の指輪」を装備していれば一度喰らったくらいなら問題無いレベルだ。

ちなみに転がせる爆発樽があるのだが、これを階段から転がせるとその先の壁を爆破してくれる。篝火と鍛冶屋がいるが、今は種火がないので仕事をしてくれないようだ。

この先のルートは合流することになる。

合流後

室内での王国剣士との戦いがメインとなる。
彼らは索敵範囲が広く、だいたいまとめて複数体が襲いかかってくる。またパリィのタイミングも取りにくい攻撃モーションも持っており、正面からやり合うとなかなかに厄介な相手。


もはやダークソウルというゲームの当たり前だが、無闇に前進するのは厳禁。遠距離攻撃の活用を常に意識しながら、慎重に進んでいこう。

扉を開けたらそのまま即死する高さの屋外に通じている場所があるので注意。
ちなみにここを開けておくと、隠れ港側から来た時のショートカットルートとなる。


ハシゴを登った先には2体の王国剣士。
わざと見つかった後にハシゴを下りて迎え撃つと比較的安全だろう。


さて、この先は問題のボス戦である。


虚ろの衛兵戦

おそらくこいつ倒せなくて萎えてダークソウル2やめちゃう人いるんじゃないのかな敵なボス。前作のオーんスタイン&スモウ戦を思い返します。

エギム、ルカ、アレキサンドラという3体の細長い甲冑衛兵が相手。


事前準備として、人の像を使って生者になっておき、白い霧手前の牢屋にある召喚サインに触れて魔術師を呼んでおく。ダメージソースだけでなく、複数体いるボスの攻撃を分散させるために必須。
オンラインの人は迷わず助けを呼びましょう。そのレベルの難易度なのだ。

武器は純粋に攻撃力を高めた打撃武器。私はメイス+3を用意した。
高所落下ダメージも経費としてかかる可能性が高いので、マデューラの猫ちゃんから「銀猫の指輪」を購入しておくのがベター。


さて、攻略。

霧に触れた先は狭い高台で、半ば奇襲のように左側からエギムが武器を振り下ろしてくる。確実にガードしよう。
あとはくるくる回りながらガード、隙を細かく叩いていく。ガード時のノックバックで高台から落ちないように注意。
自分は防御に専念し、召喚した魔術師のソウルの矢にダメージを任せてしまってもいいかもしれない。


倒した後は、ルカとアレキサンドラが同時に襲いかかってくる。ここからは運で難易度が大幅に変化するし、時間との戦いだったりする。


ベストは一体目が登ってきた直後くらいに魔術師が落下し、下でもう一体を相手にしてくれる場合。
素早く自分は高台の上で2体目を仕留め、下りて二人で最後の衛兵をたおすパターン。


とは書いたもののまずこんなにうまく行くことはないので、いかに片方を素早く仕留めるかを考えていく。
敵が登って来るまでは高台に陣取るのが個人的にはオススメ。接近までに魔術師がダメージを与えていた方をターゲットにして、高台から降りたら素早く倒しにかかる。

敵2体が魔術師を狙い出したら迷わず降りてこっちに狙いを引き付ける。
とにかく「魔術師が倒れるのと2体目を倒すのは最低でも同時に」くらいで考えないと、勝てない可能性が高い。


2体のうち1体を倒せさえすれば、広い場所でのタイマン勝負なので落ち着けばまず負けない。ジャンプ攻撃、回転攻撃、盾投げに気をつけていこう。


仮に2体同時に相手にする状態になってしまったら、2体が同時に攻撃してきた後の隙を突いていくしかない。
二人のターゲットの挙動を確認し続けるのは本当に大変だが、まったく勝てないわけでもない。受け性能の高い盾を用意して、諦めずに粘ってみよう。


倒せば「罪人の塔」「月の鐘楼」への道が開く。月の鐘楼はファロスの石が必要だ。