心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

一週間ほどブログをiPhoneからのみ更新している

仕事がら空いてる時間がブレブレなので、パソコンに向かう時間というのが安定して取れない。


以前からスマホから更新は時々していたのだけど、ここ1週間ほどスマホから連続更新し続けている。慣れてくると不便ではあるものの大きな問題もないよね、程度になってきた。

むしろスマホで記事を書くということにはメリットもあったりして……。


ちょっと個人的体感だけど、その辺をまとめてみようと思います。

コメントを頂いたりすると、スマホから返事がちょっとめんどい

スマホから記事を更新するときにはその名も「はてなブログ」というアプリを使っているのだが(いまそれを使って書いている)、記事を書くこと自体にはなかなか便利だ。見出し、引用、強調、リンクなどはワンボタンで呼び出せるし、Amazonなどのリンクも簡単に作れる。

……というわけで純粋に「記事を書く」のはいい。


他にも購読しているブログの最新記事が表示されるのも素敵。


なのはいいんだが、お知らせにてスターやコメントが付きましたって出たところで、「いやーありがたい、コメント頂いたからお返事をコメント欄に書きに行こう」と思うと途端にPC用画面に移動するんですよねえ。

端的に言うと、何かしらコメントを書きやすいシステムにならないかしらっていう。
スマホでもコメント返信なんかはできるんだけど、操作感がかなり厳しいものが。

まあPC用のページをスマホからいじくってるんだから厳しいのは当たり前なんだけど。これはPCを使える日にまとめてお返事、とかになりそうだ。

レスポンスの速さを活かした記事作成、いつでも起動できるという場所と時間に縛られないことを活かした記事作成

スマホから記事を書くことの一番の強みはこのへんかなーと思う。


例えば食レポ系の記事だったら、スマホなので「写真を撮る→実際にいただく→そのままスマホで感想を箇条書きにしておく」くらいまではざっと行えるのが大きい。

あとはこれを文章にしていくんだけど、その時にほぼリアルタイムで書いた箇条書きってのは良いんですよねえ。生々しいっつーか。生々しいって書くと気持ち悪いけど。


それとは逆の使い方もできる。
ちょっと真面目なことについて書こうと思ったら、とりあえずタイトルを付けて考えたことを書いておいて下書き保存しておく。

そうしておくと、普段の生活の中にちょいちょい繋がることが出てきたりするので、それも合間を縫ってちょっと書き足していく。
こうやって肉付けしていって、私の真面目っぽい記事は出来てる。
そういう書き方をするもんだから、下書き保存してある記事は常に20個くらいある。


どうしてもPCから新しい記事を書くと、一発で完成まで持って行っちゃう。これはこれで意味のあることだし面白いんだけど、毎日微妙に変わっていく自分の思想の変化自体を楽しんでいる節がある私は「スマホで数日かけて書き上げたもの」に込められた、じわっと滲み出る自己思想のアンビバレンスを楽しみたい、という部分もあるのだ。

MATOME

単純にPCから書くのとスマホから書くのとでは、記事の質がちょっと違うものになるかなーという感覚がある。明確なものではないんだけど、表情みたいなものが少し異なるような。

それぞれメリットがあるから、上手く使い分けることができたらもっとブログ続けていくモチベーションになるかな、と考えている。
個人的にはコメントを読むとかデザインの変更とか、記事を書く以外の部分をPCで、記事を書くという行為はスマホという使い分けがしっくり来つつある。

でもたまーにPCからズバババーンと書き切るのも痛快でいいんだけど。


そんな感じです。
操作感はやっぱりPCには劣るけど、脳味噌との結合としてはスマホの方が密に繋がっているツールだと思うので。

たまには自分のあまり使わないツールから更新してみるのも面白いと思いますぜ、旦那。