読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

このジョルノ・ジョバァーナには夢を実現する覚悟がある。

読書 考えたこと

f:id:hiza10ji:20140106223231j:plain

今日はこのギャングスターを目指す少年、ジョルノ・ジョバァーナ君(15)のお話を。


以前「夢」 - 「げ」の一歩 改という記事で「夢が夢である限り、現実にはならないぜ」なんてことを書いたのだが、彼は力強くこう言うのだ。


f:id:hiza10ji:20140106223447j:plain

このジョルノ・ジョバァーナには「夢」がある!!
ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風」より

ただ、わたしが読んだ限りにおいてジョジョ第5部とは「覚悟」の物語であって、そう読み取るときジョルノの言う「夢」というのは、わたし達がいう夢とは根本的にちがうということだ。


彼には、夢を叶えるための強靭な意志と覚悟がある。15歳にして・・・わたしなんて25になろうというのに・・・。



たとえば、簡単な夢の話をしよう。

宝くじを買ったとする。「当たったらいいなぁ~」
そうして当選日になって番号を確認して、「やっぱりあたらなかったか~、まあそんなもんだよな」


こんなもんだと思う、夢というのは。わたしの年末ジャンボの実体験である。



もしもジョルノが宝くじを買うとすれば、彼には宝くじを当てようという強靭な意志と、そのためならなんだってやる覚悟がある。

きっと買う前にことごとく宝くじ売り場のデータを調べ上げ、どういう人が当たっているかを調べ、時、場所、状況をきっちり仕上げた状態で購入する。
そして購入した後は、柄にもなく神頼みなんかもしっかり行うだろう。当たる可能性にかかわる事象はすべて行う。


もちろん本当に頼んでいるのは自分の力だ。自分の力で「神頼み」という方法も選択している。
彼の場合「人事を尽くして己の力で切り開く」ということだ。


もう当たる気しかしない。失敗したところで100万円くらいは確実に当選してそうだ。



ジョジョ」本編で、ジョルノは初めからギャングスターになり、ひいては麻薬ビジネスに手を染める組織をのし上がり、最後には麻薬を撲滅しボスを倒そうとすらしている。これが彼の「夢」だ。

命を削るような戦いを潜り抜け、あまたの犠牲の果て、彼はその遺志をもついでボスを倒し、組織の新しいボスになるところで物語は幕を閉じる。


ギャングスターになれたらいいな、ではない。
ならなきゃダメなのだ、というくらいの覚悟。それが現実の行動を生み、夢を叶える。


もはや「夢」ではない。私もそのくらいの気概で、夢と向き合わねば。

・・・今年こそ宝くじ当ててやるぜ。