心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

今年もやって来た 缶ビール「秋味」感想

こんばんは、一歩です。
8月最後のブログテーマは「缶ビール」。



毎年秋限定発売のキリン「秋味」です。
缶ビールなので缶のまま行くぜ!!


では早速プルタブをパキッ。
瞬間に昇る強い香り。力強い。
でもそれはすぐに収まって穏やか、上品な香りに変化します。
封じされていた香りが一気に花開き、静かに辺り一面に広がっていくような……。


口に含んだら直ぐに強い苦味が感じられます。麦芽1.3倍の成せる技ですかね。
追うようにアルコール感。これも心地いい。


飲んだ後、口内に残る余韻はビールにしては長く、秋味が持つ苦みと香りを存分に楽しめます。


やはり喉越しではなくて味わいを楽しむビールだと再確認。一気にあおるのではなくて、少しずつじっくり味わいたいビール。


自分は食後にカイジ読みながら飲みましたけど、こんなウイスキー的な飲み方の方が光るかも。

つまみに枝豆あったのを思い出してパクっと。苦みをいい意味で洗い流してくれて、力強い秋味に飽きずに飲みが進みます。やっぱりビールには枝豆だ。これは秋味も変わりません。


まだまだ暑いけど、こいつが並んでるのを見て「夏の終わり」を感じるのも確か。


今年も変わらず美味かったぜ、秋味。


ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村