心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

織田信長の「武ログ」の感想ブログ

織田信長が「ブログ」を記していた……!!


おはようございます。一歩です。
今日は「武ログ壱 織田信長の天下布武日記」感想です。



織田信長が弟、信勝との戦いを終え、尾張を統一したころにブログを始めます。


俺 愛知の西で株式会社「織田家」を経営している社長の信長

主な社員は
部長 林秀貞 佐久間信盛 柴田勝家
丹羽長秀
課長 滝川一益
係長 前田利家 池田恒興 佐々成政
主任 木下藤吉郎 〜ってとこ

まだ中小企業だが いずれは日本一の大企業にする野望がある!


こんな調子で始まる、信長の「武ログ」。
文体はものすごく砕けているけど、内容はなかなかしっかり「信長史」が分かる内容。


でも稲葉山城攻めの時には事前に「風雲!たけし城」で予習していたり、本願寺顕如が「パイナップルアーミー」を全巻揃えていたり、信長がゲーマーなのでゲームで例えたり、根来衆は大門軍団だったり、信長がやたらサブカルに詳しいのも面白い。



そしてブログなので、部下や奥さんや他の大名からコメントが来ますよね。これがヤバイ。個人的にはこのコメント欄が一番ツボ。

奥さんの濃姫様は信長ぞっこんLOVE。
脳筋キャラの柴田勝家はずーっと変換ミス。
お市はアイドルやってるし。
滝川一益は史実でも忍者上がりの疑惑があるので、やたら有益な情報をコメントに残して来ます。
佐々成政はオカマちゃん。
合戦中にコメントするから絵文字がバケちゃう佐久間大学。

各々の特徴や個性も、史実に合わせて作られてて面白い面白い。



比叡山焼いたら武ログも炎上するとか、じわじわ来る……。



この一冊だけだと甘い部分はありますが、戦国時代について知りたいなーというとっかかりには十分すぎる内容の厚みだと思います。

この本で勉強する!……のはさすがに難しいかな。でも勉強にならない!……とは言えないくらいの情報は含まれてる、絶妙のバランス。一気に読んでしまいましたよ……信長様。



いやー、他の武ログも読みたいですね。直江兼続は書いてるらしいから次はそっちですかね。
北条氏康の武ログ読みたい!



ランキング参加中です。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村