心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

ドイツ居酒屋の名店「ブルネンハイム」へ行ってきた

今回はラーメン以外では初の食レポじゃないでしょうか。
勾当台公園近く、地下に降りる階段の先に現れるドイツ居酒屋。
「ブルネンハイム」です。


ぐるなび - ブルネンハイム(仙台/洋食・西洋料理)
仙台でもかなり昔からやっている、ドイツ料理の名店。
友人が気になっていたというお店で、その友人に連れられて楽しんできました。


いわゆる「ドイツの酒場」という感じの店内。テーブル席が多くてにぎやかに飲むのにうってつけかも。

スポンサードリンク


ビールの種類が流石にすごいですね。
自分はシュナイダーヴァイスをチョイス。店員のお姉さんが瓶からついでくれました。なんだか特殊な注ぎ方があるらしい。
白ビール特有のフルーティーさがたまりません。食事に合わせるのに良い、軽めのナイスビール!

食べ物はザワークラウト、ジャーマンポテト、ブルネンプレート、鶏の赤ワイン煮を頂きました。
本場のザワークラウトはハーブか何かが効いてて独特。自分は結構好きだったけど人を若干選ぶかも。
ジャーマンポテトは激ウマでした。乗っかってる揚げベーコンもいい。
ブルネンプレートはプレッツェル、ソーセージ、ベーコン、豚の煮込み的なものの盛り合わせ。こちらにもザワークラウトが盛られてて「キャベツとキャベツ……ダブってしまった」と孤独のグルメをやってしまったものの、どれも美味しかった。
そして鶏の赤ワイン煮。酸味が強く、さっぱりいただけました。にんにくの他にもハーブが。多分ローズマリーかな。添え物の玉ねぎスライスが良い仕事します。


そんなこんなでなかなか幸福な時を過ごしながら、友人の海外旅行の土産話で盛り上がる夜。
どうやら自分は民族的な帽子、似合うようです。