心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

死の光は青

本日二本めの記事。参ります。

NAVERまとめから。
虫の「死」の過程で青い光を放つことが判明

線虫の一種、シー・エレガンスが、死にゆく時に青い光を放つことが分かったそうです。いやはや、名前に違わぬエレガンスさ。
しかも死の直前が最も輝くとか。
「命の灯火は最期の一瞬、光り輝く」をマジでやってますね。


人間はどうなんでしょうね?死ぬと体重がわずかに減って、それが魂の重さだなんて話もありますけど、人間も光ったりするんでしょうか。光れるものなら光りたいもんですが。


しかし「青」ってのがいいですね。
宗教的にどの宗教とも問題なく接触できる色として「青」が挙げられるんですが、その色の光。
神がいると仮定した場合、いかなる宗教をも超越してただ純粋に神の元へ行く、と考えれば、「青い光」というのは妙な説得力があります。

俺も死ぬ時は青い閃光と共に昇天しようと思います。