心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

ブレイブルー話。

ばりごく麺…はもう少し引き伸ばしますよー。
というのも、今手元にないからなんです。貸してます。
折角だからもう一度読み直して、その上で魅力を伝えたいのです。

もう少しだけ…待ってください。


というわけで、今日はアーケードで稼働している格闘ゲーム「ブレイブルー クロノファンタズマ」のお話。2D格ゲーです。



自分は狼に変身するお爺ちゃん執事、ヴァルケンハインを使っていて8段ほどのプレイヤー。
一度4段になかなか上がれず苦労し、その後8段に上がるまでまた足踏みし、今はなんとか8段キープ。9段も見えて来そうな感じ。

いわゆる「強キャラ」のヴァルケンハインですが、格ゲー経験や高機動キャラに慣れてないと馴染むまでは勝ちが安定しないと思う。


凄まじい機動力と見えない崩しで翻弄できる狼状態ですが、狼状態時はガードができないという弱みもあります。
結局ある程度思い通りに動かせるまではこの「ガードできない」がネックで、狼時の操作がちゃんと出来ないとかわせずに攻撃を喰らうという寸法です。


何書きたいかっつーと自分用メモで。
たまーにブレイブルー話も混ぜていくと思います。

ハクメン、レイチェルは本当苦手なんで、この辺の対策をしっかりしようね、俺。

格ゲーはなんというか、複雑なジャンケンしてるみたいな感じで。強くなっていく喜びもあって、非常に楽しいですよ。