読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

悩みごとが多い人は真面目なんじゃなくて前向いてないだけ

ちょいとTwitterでやりとりしてて考えたこと。
自分はいわゆる「悩み」というのはほとんどなくて、それはそういう回路を作り上げてきたこともある(買い物時に悩んだら買うな!とかね)けど、「考える」という方にスイッチを入れるようにしていることが大きい。

「悩む」と「考える」のはまるで異なるもので、それは精神的な「ネガティブ/ポジティブ」とも多少リンクしているかなーと思うけど、まあそんな小噺をひとつ。


例えばある問題に対面した時に、
その問題の原因となるデータを元に生産性、未来を見て行動するのが「考える」。
感情が先行し、過去に引きずられて行動が遅れるのが「悩む」。
どっちがいいですか?皆さん。どっちが解決まで早いですか?(だいぶ誘導尋問だけど)
当たり前なんだけど、その瞬間は感情をほっぽり出してドライに対応した方が、最終的に苦しむ時間が短くなって感情にも優しい。


結構辛辣に言うと、よく悩む人ってのは感情をコントロール出来ていないし、故に客観的な情報を重視出来ないし、故に頭を使ってないと言えます。
これはもはや「真面目なヤツなんだよ」では済まないと思うんだよね。
自分から言わせてもらうと、「頭を使ってないヤツ」になりかねないんだよね。



ええ、分かりますよー。
「そんなこと言っても感情割り切るとかできないー」ってね。むしろそういう人の方が多いでしょうね多分。
自分も中2の時に地味にまあまあ苦しんでますからね、メンタル的にね。

まあそういうことも含めて言うと、「できないー」と言ってる時点で既に「考えること」を放棄している。
感情をコントロールできるようになるために何か「考えて」いますか?本を探したりしていますか?テレビや漫画や、全てだ。全てから何かヒントを得ようとして生きていますか?
甘えるなーと言いたい。そんな簡単に「自身の感情をコントロールする精神力」が身についてたまるか。何年も何年も座禅組んだりしてお坊さんが至る境地だぞ、これ。

なので自分もコントロールできているわけではなく、「コントロールしようとする」ことで冷静になれている程度。それでも劇的に異なる。
「あー今自分感情に飲まれてるなー」と思った瞬間に世界は一変するのだ。多重人格ではないけど、ちゃんと「もう一人の自分」を作ってあげる訓練をすればいい。


とりあえずこの本読んでみてください。
「感情をコントロールする」に関して、個人的には一番分かりやすくて具体的に書いてくれている本だと思います。
かなーりオススメ。

楽したかったら「考えろ」。
自分は仕事も遊びも人生も、この姿勢で生きてますよ。