読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「アナと雪の女王」の主題歌がだいぶ悟りソング

こんばんは。「げ」でございます。 昨晩吉野家で牛丼食べてた時に流れてた音楽が日本語版の「Let It Go」だったのだが、改めて歌詞を聴いてるとなんでしょうかこの仏教でいう悟り的な雰囲気たっぷりの歌詞。 そういう風に聴こえ出すとそうとしか聴こえなくな…

働きたくねえ……という気持ちは大事にしたい

だるい / Naoharu私という人間を色々試してみたいなーと思い、その一環として一週間ほどブログ書くのをビタっと止めてみたんだけど、「書きたい」という気持ちはまったくおさまることはなく、自分自身に一安心したと言いますか、なによりもブログを中心とし…

人生の最終目標は変えずに求め続けようという気持ちが強まったお話。

本当の本当は旅をし続けたいわけで結局働きたくない - 「げ」の一歩 改 以前書いたこの記事にコメントを頂きまして、自分と同じような考え方で生きている人がいたことにすごく嬉しくなった。 やっぱりこの世界は生きにくい。「こうしろ」「こうすべきだ」「…

「やる気」や「根性」ではなく、「習慣化」「システム化」じゃないと継続できない

やる気ない / neco 先日タイトル通りのことをTwitterで呟いたら思いのほか反響がありましたもので。 基本的には私個人の話ではあるのだが、結構広い範囲の方にもご理解いただけると思うんですよねコレ。 以前Twitterでそれはそれは突き刺さる言葉を見た。 だ…

私が最近一番劣等感を感じるのはブログ書いてる時

photo by francisco.j.gonzalez 基本的に誰かと比較するってことが少なめで、ゴーイングマイウェイな私。 中学時代の病み時期を乗り越えたことでそんなある種強靭とも言えるメンタルを手に入れた私だが、最近妙に劣等感を感じることがある。今!今ビンビンに…

「春雨じゃ、濡れてゆこう」的な「好き」

興奮するほど好きなもの、好きになりたいものがある暮らし - 能面ヅラ美 読ませていただいた。 どうなんだろう、私の場合はこの「好き」という感情には個人・個々の事象にそれぞれ適切な距離感みたいなものがあるのではないかと思う。 例えば雨。 私は雨が好…

復讐の本質〜ジョジョの奇妙な冒険第6部より〜

復讐。やれ「復讐は何も生まない」とか、それどころか「復讐は更なる復讐を生む」とか。復讐の先のことなんて、復讐の当事者には必要ないのではないか? ジョジョの奇妙な冒険 40~50巻(第6部)セット (集英社文庫―コミック版)作者: 荒木飛呂彦出版社/メーカー…

人に教える時は「自分の教えた方法が100%正しいわけではない」ことも教えないとね

何年も同じ職場で仕事していると、自分の知識、経験も蓄えられていくし、そしてそれを「後から入ってきた新人に教える」という仕事が訪れる。 で、いざ教えるって時になると、例えば「タマネギをスライスする時は左手から包丁の腹を離すな」とか「ブリ大根作…

「幸福の条件は一人一人異なる」という当たり前で忘れがちなこと

幸せの絶対条件?思い込みと幻想が幸せになれない理由かも - 能面ヅラ美 読ませて頂いた。 こうして文字に起こせば当たり前っちゃ当たり前なのだが、高校〜大学と進学し、安定した企業に就職したりあるいは公務員になり、安定した収入を得ながらパートナーと…

伊勢・熊野の旅をもう少し詰める

5月27日から旅に出ることにしたんですが、「あっ、伊賀市で忍者調べたい!」とか「熊野古道歩きてえなあ」とか「大仏がー」「伏見稲荷大社がー」と、やりたいことが出てきすぎてヤバい。10日くらいかなーと思ってましたけど、熊野古道のせいで(とかいうと失…

適当に作ったチャーシューが結構美味かったのでレシピを晒すと同時に反省してみる

先日、職場にスーパービッグサイズの美味しい豚肉が舞い降りまして(先輩が頂いてきたものを置いてってくれた)、せっかくなので人生初のチャーシューを作ってみた。 とりあえずデカ目のちょうどいいサイズに割って、巻かないとペラペラすぎる部分はタコ糸を…

「生きること」を目的に生きてもいい

平常心のレッスン (朝日新書)作者: 小池龍之介出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2011/10/13メディア: 新書購入: 4人 クリック: 43回この商品を含むブログを見る阿頼耶識の発見―よくわかる唯識入門 (幻冬舎新書)作者: 横山紘一出版社/メーカー: 幻冬舎発…

「働く」ということについて、「ブログで収益を得るということ」について、In the first place。

photo by Hikesinatra aka creep 先日書いたとおり、失業することになったのが契機でいろいろなことに対して改めて考え直す日々が続いている。まさに当ブログのタイトル通り、私自身が改め、一歩を踏み出す時期なのかもしれない。今回は「働くこと」について…

三重、奈良、京都を巡る一人旅に出ることにした。

失業することになったので、やりたいこととか色々と書いてみる - 心の雑草 この記事にて書いた通り、失業することになったと同時に時間ができた。お金も多少は蓄えがあるのでなんとかなりそうだ。というわけで念願の お伊勢参りと、同時に周囲の地域も旅して…

失業することになったので、やりたいこととか色々と書いてみる

もうアレなんですけどね、タイトルで全てなんですけど。 ひと月くらい前から分かっていたし、ご存じの方はご存知だと思うんですが、いま働かせてもらっているお店が今月の20日で閉店することになった。 まあ雇用形態はアルバイトなんですけど。アルバイト…

自殺する理由に対しての個人的見解

「自殺」に関して〈個人〉と〈社会〉の両側面から考えたい - ぐるりみち。自殺する人は弱い - grshbの日記 どちらも読ませていただいた。「死の恐怖に打ち勝つ強さ」「死という選択肢をとるしかなくなるまで変えられなかった弱さ」。強弱というモノサシで自…

続・恋愛感情欠落者の考え方~その根源の考え方まで

なんだか妙に当ブログのアクセス数が増えてきて、ちょっと追いかけてみたら恋愛感情欠落してる人って意外と多いと思ってる - 「げ」の一歩 改この記事がブーストしてくれたらしい。 それなりに共感や反論が頂けたのかな、と思う。 自分で読み返してみて、さ…

一日5分の坐禅ですら世界は変わりはじめる

ただ坐る 生きる自信が湧く 一日15分坐禅 (光文社新書)作者: ネルケ無方出版社/メーカー: 光文社発売日: 2012/06/15メディア: 新書 クリック: 3回この商品を含むブログ (8件) を見る以前も紹介したこの本(読了:ネルケ無方「ただ坐る」 - 心の雑草)、今で…

関係性を強要するSNS

TwitterにFacebookにLINE。まあLINEに関してはSNSとは微妙に違う気もするけど。もう散々色んな人が同じようなこと考えてきたとは思うんだけど、個人的なSNS論でも少々。 なんかFacebook疲れちゃいました〜いいね!って本当に良いの?〜 - 心がよろけそうなと…

疑問を持つには強さが必要だ。

「疑問を持つには強さが必要だ」 映画「スター・ウォーズ」に登場する戦士、ジェダイ達に伝わる教えの一つだそうだ。スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンター…

本当の本当は旅をし続けたいわけで結局働きたくない

いやーね、こうやって私、飲食関係のお仕事をしているわけですけれども、まあなんですか、もちろんこの仕事好きなんですよね。それは間違いない。 基本的にクリエイトすることが好きですから。 ただこれ、「収入がないと生きていけない」という前提が無意識…

恋愛感情欠落してる人って意外と多いと思ってる

「好き」ってなんですか? - 仕事は母ちゃん前々から書きたいと思っていたけど、文章にするのが難しくて止まっていたテーマのとっかかりに素晴らしい記事を見つけた。id:plutan氏とまるで同じような感覚が私にはある。というか、私には「恋愛感情」というも…

負け犬男子として生きる

内田樹「街場の現代思想」を読み終えた。 「結婚とは何か」「転職についてどう思うか」「フリーターについて」、そんな現代日本のキーワードについて内田氏がズバッと回答してくれる本著。 私には「ランティエ」という言葉が完全に自分の生き方を示していて…

鬱状態を使いこなす

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)作者: 坂口恭平出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/05/18メディア: 新書購入: 19人 クリック: 814回この商品を含むブログ (78件) を見る昨日この本を読み終えたので感想でも書こうと思ったのだけれど、むしろこの本…

読了:すっきりわかる!超訳「哲学用語」辞典

私は観念論者で 懐疑主義者で リベラリストで 汎神論者で エピキュリアンで 仏教好きのようだ。 超訳「哲学用語」事典 (PHP文庫)作者: 小川仁志出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2011/11/03メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 29回この商品を含むブログを…

LINEと私

初めに言ってしまいますと、私はまず根本的に「LINE」というツールが好きじゃない。 仕事なりなんなりで便利なので登録はしているし活用するべき時は活用しているのだけれど、あの「関係性を強要する」ような距離感とシステムが生理的に受け付けない部分があ…

「心身一如」でバランス良く生きる

「心身一如」という言葉がある。そもそもは仏教の言葉で「心と身体は分けることは出来ない」みたいなこと。 私はこの考え方が非常に好きで、どちらかが調子悪い時はもう一方でカバーしよう、そうやって常に合計値を一定に保とう、みたいに意識していたのだが…

必要なのは自己肯定感ではなく自己同一性――「アイデンティティ」

「自己肯定感」についてのエントリが流行しているようだ。おかげで色々と興味深く読ませてもらっている。 ……のだれど、どの記事を読んでもなんか違和感。違和感の連鎖。 「自己肯定感」の話なのに、「周囲の人から認められることで自己肯定感を得られる」と…

漫画を超える脚本が書けないだけじゃないの

漫画原作が日本のドラマを駄目にする!という批判 - Togetterまとめ 「ハケンの品格」の脚本を書いた中園ミホ氏が、ある賞を受賞した壇上で「マンガ原作が日本のドラマをだめにした」という旨の発言をし、マンガ原作のドラマ撲滅を訴えたという。 いやね、こ…

「自己肯定感」が欲しいなら「他者からの肯定」にすがるべからず

自己肯定感ってどうやったら上がるの? - はてな匿名ダイアリー池上彰さん的な言い方をすると「なかなかいい質問ですね」って感じである。 一応人並みに生活できてるけど、仕事も趣味も人付き合いも容姿もどれも全然自信持てない。 誰からもそれを指摘された…

「ブログ」に何を求めて読むのか

「〜まとめ」とか「〜攻略」とか、その手の記事はやっぱりアクセスが伸びやすいようだ。 実際に私もダークソウル2の攻略記事を書いたあと、アクセスが激増した。全体のアクセス解析をしてみても、ゲームの感想、映画の感想、そういった記事が圧倒的にアクセ…

「テラフォーマーズ」黒幕考察

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)作者: 橘賢一,貴家悠出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/04/19メディア: コミック購入: 5人 クリック: 91回この商品を含むブログ (69件) を見る 御多分に洩れず、私も「テラフォーマーズ」を読んでいるのだ…

矛盾を抱えたまま生きる強さ

先日放送された木村拓哉主演のドラマ「宮本武蔵」にて、こんなシーンがあった。 武蔵は宝蔵院流の槍の達人、日観に問う。 「人を救済せんとする仏の道と、人を殺めんとする武芸の道。その矛盾をどうやって克服したのですか?」と。日観は答える。 「克服など…

「見られている」という意識はポジティヴに活用しなけりゃネガティヴィティ(当たり前)

「大人になっても勉強する」のはみっともないのか? - 「げ」の一歩 改先日こういう記事を書いたのだけれど、これについてもう少し拡大した話をしてみる。 私が読む限り「いい歳こいて勉強するなんてのは、周囲から見てダセェ、みっともないからそんなことは…

イタリアンを食べながら仏教の話をする。

病み上がりモードで、未だに鼻は詰まっており咳も出る。そんな中、いやそんな中だからこそ栄養はたっぷり摂らねばと思い、職場の後輩の女の子と二人でイタリアンを食べてきた(羨ましいでしょう)。 こんな素敵な魚介のオーブン焼きを繰り出してくれたのは、…

「大人になっても勉強する」のはみっともないのか?

「大人になっても勉強するなんてみっともないことはやめなさい」という記事に感銘を受けました - 僭越ながら読ませて頂いた。 すくろあ(id:sclo-a)さんが上の記事にて取り上げた「大人になっても勉強するなんてみっともないことはやめなさい」という記事に…

もったいない休日。でも、満たされる

目が覚めると喉に僅かな違和感。 鼻も詰まっており、思考が働かない。 風邪をひいたらしい。よりにもよって久しぶりの連休は、「風邪」とともにはじまった。 とはいえ、一日目(昨日)は休みと言えども用事があって職場に顔を出し、その後ずっと食べたかった…

「必要とされること」に喜びも充足感もない

ずっとダークソウル2の記事ばっかり書いてたんで、クッションも兼ねて自分の話with自分の哲学のお話を少々。 まあタイトル通りなんですけどね。 周囲から全く必要とされないのもなかなかに辛いものだが、私の場合はあまりに必要とされすぎた場合、そっちの方…

「心の間合い」と「一人酒」

私はそんなに社交的というわけでもない。だからって会話が苦手だとかそういうわけでもなく、むしろ会話での頭の回転は早い方だと思う。 基本的に人と毎日のように連絡を取り合うようなことはないし、だいたい休日は一人で好きなこと、やりたかったことをやる…

アニメ「lain」感想

アニメなんだけど、クオリティが映画クラスだと思ったのでそういうカテゴライズで。 正式名称は「serial experiments lain」。 1998年にテレビ東京にて放送された、カルト的人気を誇ったアニメだ。 リアルワールド(現実)と、ワイヤード(インターネット世…

知識の「質」という発想

当ブログでは「努力は質だ」としつこいくらいに書いてきたわけだが、ここに来て「知識も質だ」という言葉を見る機会があって、いろいろ思うことがある。 正直、今までは「知識」と「質」という言葉がイメージとして繋がることがなかったのだが、言われてみれ…

お笑い芸人「バイク川崎バイク」から自己啓発する

芸人、バイク川崎バイク氏。 先日の「R-1ぐらんぷり」でも、その単純でありながら緩急の鋭いネタを披露してくれました。 彼のネタは、彼の芸名「バイク川崎バイク」の省略形「BKB」に色々なことをねじ込んで行くというシンプルなもの。「バス・ケ・部……B・K…

「逃げている」と気付けば、それはもう逃避ではない

走っていたんじゃない、逃げていただけだ。 - 自省log読ませていただいた。自省logさんは虚実がどっちもしっかりしてて素敵です。 なんで仕事を続けるかっつーと「社会から隔離される、会社での評価が下がる、そんな恐怖、強迫観念からだ」といった記事なん…

「読書離れ」自体にフォーカスしても意味がない

大学生4割が読書時間「ゼロ」、平均は26.9分 大学生協連の生活実態調査 この手の調査のデータって鵜呑みにしていいか分からないんだけど、まあ色々と思ったことを書いてみる。 先に結論を述べてしまうと、早い話が「読書に代わる何かが増えた」だけだと思う…

寝るという行為と向き合ってない!

11時過ぎまで寝ていた。 こんなことは久しぶりである。 最近は妙に睡眠の質が低く、寝つきまで時間もかかるし、寝ている時間も長くなってきた。 オーダーメイド枕を買ったり、針音のしない壁掛け時計にしたりして環境は整ったのだが、逆にそれにかまけて自身…

宗教対談をした

宗教に勧誘された - 百三十五年丸ノ内線こちらを読ませて頂いて思い出したことを。 学生時代のことだ。 私はキリスト教系の大学に通っていて、自然にその周囲にはキリスト教徒が多かった……のかな? 登下校の際にたまーに声をかけられるわけだ。「貴方は神を…

学校で教えないといけないことがズレてる気がする。

いやー、なんだか「はてな」界隈は、ちきりん氏を発端にまた騒がしくなっている。 下から7割の人のための理科&算数教育 - Chikirinの日記 ちきりん氏のお粗末な科学教育論 - バッタもん日記 騒がしている記事と、それに対しての反論の記事。 いやねー、正直…

「成長しなきゃ!」と思って本を読んでるわけでもない。

成長とか成功とか気にせずに、読みたい本を好きに読めばいいのでは。 - 脱社畜ブログ読ませていただいた。 とりあえず私の場合は世間で話題の本だとか、「これは読んどけ!」とか新書100冊とか、そういうのはまるで気にしない。 ただ本屋に行ってビビッと来…

つれーわー2時間しか寝てないわー

漫画家・地獄のミサワ氏のこの手の「1コマ漫画」とでも言おうか、やたら流行った時期がある。 どうして流行ったかというと 「本来はむしろ落ち度なことを」 「自ら自慢気に話し」 「つまるところウゼェ」 というネタで、しかもそれが実際にいるような性格の…

「味」と「健康」……両立出来ないのか?

録画しておいた「怒り新党」を観た。 始まりは偽装問題やなんやの「食べ物の表記」の話だったんだけど、マツコ・有吉の話は「美味いものと身体にいいもの、どっち食べるよ?」ってな話へ。有吉の「この歳になるとさー、身体に悪いってものは怖い」っていうの…