心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

考えたこと

高すぎるハードルを……

最終ゴールとしてのハードルが高いのは全然良いんだけど、そのハードルだけポンと置かれたところで「で?飛び越えられるわけがないやないか」となるわけです。エバニュー(EVERNEW) ハードルEA-I EGA068出版社/メーカー: エバニュー(EVERNEW)メディア: スポー…

「計算通りにいかないとダメ」って考え方がダメなのでは

今日も相変わらずお仕事忙しめ。 んで、残業についてのローテーションを組むとかなんとかって話が出てきたんですけれども……。 まあこれは悪くない発想だとは思いつつも、こういう風になんでもかんでも数値やシステムによって極端に管理しようとする傾向が見…

「グレート巽」力の大切さ

夢枕獏の小説「餓狼伝」の登場人物、グレート巽。 モデルは完全にアントニオ猪木で、ざっくり言うと「理想のアントニオ猪木」みたいな感じなんだけど、このグレート巽の持つ特徴の1つが人間的に必要な能力やなぁと。アートプリントジャパン 2018年 アントニ…

こいつぁすげえや……ほぼ全て裏切ってきたぜ

先日書きました新しい上司なんだけど、今まで思っていたことを鮮やかに反転させてきて個人的には昨日で完全にトドメ刺されたカタチ。同じ人について書いているのに、前回と真逆の内容になるのが恐ろしいです。ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキ…

魅力ステータスって、現実世界だと結構大事だなあって

先日の人事異動で新しい上司がやってきたんだけど、この人が……なんというか……控えめに言って求心力がないというか……。なぜ部下は、あなたの言うことを聞かないのか?―成果を10倍上げる「求心力」の高め方作者: 秋庭道博出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 200…

心の雑草 2018年5月のまとめ

4月よりは少し残業の時間は減ったものの、全然忙しいままだった5月。ニコニコ超会議2018 限定 電脳少女シロTシャツ Lサイズ出版社/メーカー: MOVICメディア: この商品を含むブログを見るもう癒しがないとやってられない。シロちゃんいないとダメかもしれませ…

一方的すぎたと思うのよ

もう読んでくださっている人は「うるさいよ、分かったよ」とおっしゃりそうですが、申し訳ありません相変わらず仕事が忙しい。 地味に地味にストレスが溜まってきているので、HUBでボウモアを1杯だけ。氷が残念なやつだけど、代わりに値段が安いってのがHUB…

プレミアムフライデーは機能してんのかね

昨日はプレミアムフライデーでした。僕は普通にラーメン食べて帰ったけど。 三四郎のオールナイトニッポンゼロを聴いてると、定期的にその月の最終週の放送でプレミアムフライデーに触れる。 その度に「あ、そんなんあったねえ」と思い出すのです。プレミア…

友人のお話

一人だけ中学時代からの付き合いで、今もちょいちょい会ってる友人がいる。友だち地獄 (ちくま新書)作者: 土井隆義出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/03/06メディア: 新書購入: 13人 クリック: 338回この商品を含むブログ (106件) を見るこの長さの付き…

多分小難しく考えすぎながら生きているが、それでいい

この歳になってくると周囲の友人・知人が続々と結婚してくる。 あとすげえドライな話にはなるんだけど、人間関係はあっさりしていた方がいいので過去に付き合いのあった人とは一気に会うことが減ったりする。タイミング合えば全然会うんだけど、そのタイミン…

「頑張るだけで報われる」んだったらその方が優しい時代

「今の若者は甘えてる」系の話が少し盛り上がっていた様子。高須院長とかも呟いていたみたいです。個人的には、自分もその若者側に入るような気がしているから割と反論したいかなあって感じ。そういう「今の若者は〜」論の土台となる社会状態がそもそも異な…

五月病への対策もまた「やる気に頼らない」こと

ゴールデンウィークが明け、五月病の流行シーズンがやってきました。アイドルマスター シンデレラガールズ 双葉杏の五月病 ドライTシャツ ホワイト Lサイズ出版社/メーカー: コスパ発売日: 2018/04/25メディア: おもちゃ&ホビーこの商品を含むブログを見る…

なか卯「朝まぜごはん」に関する考察

こちらがなか卯の朝メニューのひとつ「朝まぜご飯牛小鉢定食」なのだが、今回初めて食べてみて「こいつは……思っていた以上に可能性と思索エリア広いぞ」と思ったので一筆。

東北歴史博物館の「東大寺と東北」を見てきた

やっぱり仏像好きなんでヤンス……。 水と緑に囲まれた、国府多賀城駅から徒歩0分レベルの超絶好立地にある東北歴史博物館で開催中の特別展「東大寺と東北」を見てまいりました。規模的にはあまり大きくはないけど、展示されていたものは国宝や重要文化財の数…

一部の根性論者は、それが楽だから選択しているだけなのでは

根性論系のシステムというか、思想というか、やり方というか、そういうのは引き続き絶賛否定中なんですけど、何故かの理由の一つに「頭を使うことを否定しているから」がある。で、少し思ったのがそのような「頭を使うこと」が面倒だから、なし崩し的に根性…

レベル上げとバフの現実世界での考え方

毎度仕事の話ばかりですみませんね。キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 vol.12 第6部 ストーン・オーシャン 後編 メイド・イン・ヘブン (単品)出版社/メーカー: ときめきドットコムメディア: この商品を含むブログを見る相変わらず忙しいんだけど、成長…

大丈夫か……?

今月に入ってからずっと仕事量が凄まじい。 残業がほとんどデフォルトで、土曜出勤も用事でもない限りは毎週ということになりそう。何がやべえかってそれが今の時期だけじゃなくて、しばらくは続きそうな気配という部分。職場の問題地図 ~「で、どこから変え…

「刃牙道」とは何だったのか(雑な考察)

とりあえず最終回を迎えたので、刃牙道について少し考えてみたいと思う。刃牙道 コミック 1-19巻セット作者: 板垣恵介出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 2017/11/08メディア: コミックこの商品を含むブログを見るすごくざっくりと言えば「志の高いテーマを土…

叱られて伸びる人っているのだろうか

先日スカパーでアニメ「日常」を観ていて、こんな場面が出てきまして。部活の先生が「褒められて伸びるタイプと、叱られて伸びるタイプがいる。その辺は先生の勘で判断していくぞー」と。 オチとしてはその判断で叱られている女の子が、心の中で「私は褒めら…

「国語が苦手だといじめっ子になりやすい」について考えたこと

尾木ママが少し前に言ってたらしい理論。 感覚としては非常に分かるんだよな、コレ。最近の尾木ママはどうも苦手ですが、今回の論についてはほとんど完全同意に近い。小学校の国語 学習塾トップ講師がすすめる 読解力アップ直結問題集作者: 高濱正伸,片岡上…

「裏表がある」のはいけないことなのだろうか

数日前にこんな記事を見かけた。論調は「裏表がある人=信用できない」なんだけど、本当にそんな単純な話なんですかねえ?と。表の顔と裏の顔作者: 幸田真音出版社/メーカー: 小学館発売日: 2006/10/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る個…

続・最近の刃牙道に思うこと

刃牙道 20 (少年チャンピオン・コミックス)作者: 板垣恵介出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 2018/02/08メディア: コミックこの商品を含むブログを見る先日書いた刃牙道に対して思うこと。 それに付随するあたりをもう少し書いてみようかなと思います。どこ…

松屋で少しイラっとする自分に、イラっとする

先週くらいから仕事がいい感じに忙しくて、そういうところもあって少しメンタルが疲弊しながら夕食に松屋へ。ほぼ同時に来店した兄ちゃんがいて、先に券売機の前に立ったから待ってたんですね。 ちなみに券売機は1台のみ。 後ろには自分に加え、更にお客さん…

大河ドラマ雑感

先日までやってたスカパーでの「平清盛」を観終わり、同じように観ている「義経」も半分を折り返したところ。 これらを「うわあ、すげえ面白い」と思いながら観る一方、ここ数年の大河ドラマに対しては何処か物足りなさを覚えるわけです。面白かった真田丸も…

「子供は国の宝」という言葉の意味について

次回の西郷どんのサブタイトルが「子供は国の宝」で、それでなんとなくこの言葉を検索窓に入れてググって見ると……まあ出るわ出るわ、特にこの言葉に対して「なんだ?恨みでもあんのか?」くらい反論している人たちの怒りが。プラチナ0.50カラット一粒デザイ…

某芸人さんに対して思うこと

年末の「THE MANZAI」によって割と賞賛を得たあるお方ですが、年始の「朝まで生テレビ」での発言で一転、批判を喰らっている。オオカミがきた (イソップえほん1)作者: 蜂飼耳,ささめやゆき出版社/メーカー: 岩崎書店発売日: 2009/09/26メディア: 単行本購入:…

やる気に頼らないからこそちゃんとやるし、ちゃんとできる

今年の後半で自分なりに掴んだ感覚の一つが、タイトルにしているこれです。やる気が出なくて仕事が嫌になったとき読む本作者: 菊入みゆき出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2014/06/13メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るやる気を基本にして…

「働かざる者食うべからず」に金銭を関わらせてはいけない

少し前に「働かなくても食っていい」みたいなのをネットで見かけたんですが、割と同意してまして。社会システムと連動させた上での「働かざる者食うべからず」は地味に危険思想なんじゃねえかなと思っている。 世の中には働きたくても働けない事情を抱えてい…

仕事に露骨に上下付けるタイプの人はもう……

察しのいい人はすぐに分かると思うけど、少し前に某女優さん(もともとグラビアもやっていた)が「グラビアやりたくなかった」的なことを言いだしてちょっと話題に。まあ今でもその人人気はあるみたいですけど。仕事は楽しいかね? (きこ書房)作者: デイル・…

デウスシステムという精神的ライフハック

ゼノギアスというゲームのラスボスがデウスというやつなんですが、こいつは簡単に言うとメカでして、自分で思考、成長する戦闘兵器群みたいな感じのアレです。でこの設定の部分がだいぶ細かくて、このデウスがどういう感じで思考をするのかというとコンピュ…