読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

今年1発目の映画は「ザ・コンサルタント」を

表向きはしがない会計士、しかし裏では裏世界とも繋がり、帳簿を管理する男クリスチャン・ウルフの物語「ザ・コンサルタント」を観て参りました。 「アルゴ」のベン・アフレックが、凄腕の殺し屋の顔を持つ謎の会計士を演じたサスペンスアクション。田舎町の…

今年観た映画を振り返る

「全然今年は映画観てねえや」と思っていたんだけど、いざこうやって振り返ろうと思って数えてみたら8本ほど観てました。 というか後半に急激に観てたわ。 S.H.フィギュアーツ カメラ男出版社/メーカー: バンダイ発売日: 2014/08/09メディア: おもちゃ&ホ…

映画2日連続。今日は「ドント・ブリーズ」を観た

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」を観た翌日。 正直個人的には思っていた以上の「良かったわ〜」が襲ってこなかったのもあり(ドニー・イェンは本当に良かったんですが)、次の映画に挑みます。 サム・ライミ製作、リメイク版「死霊のはらわた…

「ローグ・ワン」を観てきたぜ

あんまり観てないなあ……と思ってた今年も、振り返ると思ってたよりは映画を観ていました。そんな1年の締めくくり的にスターウォーズのスピンオフ作品である「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されたので、早速。 「スター・ウォーズ」シ…

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」をようやく観る

いやー、今年は明らかに映画観る数が減ってます。 そんな中で遅めの「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」です。 思えば前作「アウトロー」を観たのは3年前。普通に面白いアクション映画だったので、続編であるこの「ジャック・リーチャー」も観ておかな…

「聖の青春」を観てきた

松山ケンイチ主演の「聖の青春」を観て参りました。 難病と闘いながら将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)の生涯を描いた大崎善生による同名ノンフィクション小説を、松山ケンイチ主演により映画化。幼い頃から腎臓の難病・腎ネ…

彼が帰ってきた「ジェイソン・ボーン」感想

ジェイソン・ボーンを巡る物語も第2部へ。 「ボーン・アイデンティティー」 「ボーン・スプレマシー」 「ボーン・アルティメイタム」 の過去3部作で自身の過去を知ったジェイソン・ボーンの新たな戦いが始まります。ギリシャ国境付近でファイトクラブみたい…

復讐特化ムービー「レヴェナント」

ディカプリオおめでとう!ということで、ずいぶん騒がれてましたし「レヴェナント」観て参りました。ストーリー自体はシンプルで、初めから敵も誰か分かっていて二転三転するわけでもない。 観るべきなのはディカプリオの熱演と厳しい大自然ですねえこれは。

上質なSFエンタテインメント「オデッセイ」

もう単純に面白い 話題になってる作品「オデッセイ」。 話題になってるし、「マット・デイモンが火星でDASH村する話」って聞いたら居ても立っても居られず見てきた。実際に観てみると、笑いあり涙ありって感じで気持ちの良いエンタテインメント作品。 「イン…

「劇場版ペルソナ3 第4章」感想

やっとというか、ついにというか、映画としてのペルソナ3もフィニッシュです。映画は4部作で、こうして観終わってみると割と綺麗に起承転結していた感じ。 ただ原作であるゲームの方に思い入れがあればあるほど、この最終章への満足度は弱くなるんじゃないか…

恋の予感がただ駆け抜けるだけ2015

タイトルと全然関係ねえけど今年のまとめ行きましょ。 ちなみに今年最後の外食だと思われるこちらのラーメン、上に乗ってるの刻み玉ねぎで甘みのアクセントだろうなーと思ったらこれ全部刻みニンニクだった。怖い量ですよ。美味しかったけど。というわけで安…

THE・ボンド 「007 スペクター」感想

早速観てきました、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドもこれで4作目ですかね。 カジノ・ロワイヤルとかスカイフォールでは、ピアース・ブロスナンの演じていたボンドとはテイストの異なるタフ&ワイルドを前面に押し出してきたダニエルボンド。そんな…

上質なB級映画「ジョン・ウィック」を堪能

前々から観たいと思っていたキアヌ・リーヴス主演のアクション映画「ジョン・ウィック」が公開されたので早速観てきた。 「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーブスが主演を務め、元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクション。「マトリックス」ほか数々の大…

「劇場版ペルソナ3 第3章Falling Down」感想

さあ早速観てきましたぜ。 朝8:20からという最速感で劇場版ペルソナ3 第3章Falling Downです。 1章が春、2章は夏。 3章となる今回は秋がテーマで、物語全体としても起承転結の「転」に当たる部分。 ストーリー全体は4月〜翌年1月までのお話だが、この内の11…

一家に一人!叩きたい木人3選

少林寺木人拳 〈日本語吹替収録版〉 [DVD]出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン発売日: 2012/12/07メディア: DVD クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る新年を迎えはや二週間強。年末年始に家や実家に引きこもり、運…

奥様はサイコパス! 「ゴーン・ガール」感想

妻の失踪事件ってのは壮大な前フリで、フィンチャーが見せたかったのはラスト15分~映画が終わってから後までずっと引きずるようなじわりじわりと絡みつく恐怖だったのではないかと。 というわけで2015年初鑑賞映画はデヴィッド・フィンチャー監督の「ゴ…

2014年、私が観た映画を振り返る

思えば今年も結構な数の映画を観てきましたもので、結構な数の映画感想記事も書いてきたわけでございます。自分はあんまり家でブルーレイとか借りて映画を観ないタイプで、もっぱら映画館まで行って観るタイプ。とはいえ時間や金銭的なこともあるから月に1~…

インターステラー……

久しぶりの更新です。いや、刃牙記事とかは書いてますがアレって読んだ直後にスマホから書いてるから自分の中では別枠なのね。 ということで今日は映画「インターステラ―」の感想を一筆。 新作作るたびに上映時間が長くなっている感のあるクリストファー・ノ…

「楽園追放」人間とは何かを問う正統派SFでした

登場人物の少なさが逆に上手くまとまっていたというか。この手の作品って下手すると散らかって終了するんですが(特に単発の映画作品とか)、それを理解した上で物語は構築されているのかな、と。 そんなアニメ映画「楽園追放」を観てきましたよっと。 「機…

終末×青春 「わたしは生きていける」ネタバレ感想

この映画、ネタバレなしだと話のしようがないのでバレバレで行きます。そのつもりで今回の記事はご覧ください。 「つぐない」「ハンナ」のシアーシャ・ローナンと「ラスト・キング・オブ・スコットランド」のケビン・マクドナルド監督がタッグを組んだ青春サ…

ヴァンダミング4って過去4回やってたらしい。ヴァンダミング4×4!!

ジャンジャンジャジャン、ジャン=クロード!! ヴァンヴァンヴァヴァン、ヴァンヴァヴァンダム!! エクスペンダブルズ2のヴァンダムはマジカッケーです。ということで、みなさんは「ヴァンダミングアクション」という言葉をご存知でしょうか?ご存知ですね…

密度が高すぎてシナリオがペラい「エクスペンダブルズ3」を観てきました。

先日映画「エクスペンダブルズ3 ワールド・ミッション」を観てきました。 シルヴェスター・スタローン主演、超豪華アクションスター共演が激アツの同シリーズ。 最新作の本作ではウェズリー・スナイプス、アントニオ・バンデラス、ハリソン・フォード、メル…

デンゼル×ホーム・アローン!! 「イコライザー」感想

やっぱりデンゼル・ワシントンはカッケェーや!! そんなわけでデンゼル・ワシントン主演の「イコライザー」を観てきた。 「19秒で世の不正を完全抹消する」がキャッチコピーの作品。 昼間は巨大ホームセンターで働くマッコール(デンゼル・ワシントン)。 …

泣いた。 「蜩ノ記」感想

映画を観たかった。 幸い前から観たいと思っていた作品があり、つい先日公開になったばかりだった。 「蜩の記」である。 3年後に切腹することが定められた男のもとに、その監視役として遣わされた若き侍。 その3年の間に最後の役目である、主家の歴史編纂を…

静かで繊細な日本映画。「柘榴坂の仇討」

先日こちらの、中井貴一・阿部寛主演の「柘榴坂の仇討」も観てきました。 ネタバレ結構しちゃいますから要注意です。 幕末の安政7年、主君・井伊直弼の御駕籠回り近習役として仕えていた彦根藩士の志村金吾は、桜田門外において目の前で井伊の殺害を許してし…

エクソシストの新しい形「NY心霊捜査官」

*微妙にネタバレありますからこれから観る方は要注意ということで! 前から地味に観たいと思っていた映画「NY心霊捜査官」を観てきましたよっと。 元ニューヨーク市警の警察官ラルフ・サーキが、自らの体験をもとにつづった手記「エクソシスト・コップ NY心…

過去に書いた映画「SPEC」関連記事まとめ

こんばんは、「げ」です。なんかよく分からないんですけど、昨年終結を迎えたドラマ~映画の大作 「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」 について過去私が書きなぐった感想とか考察がやたら読まれてるんですよね。地上波で放送でもあ…

映画「トランセンデンス」感想〜おれは人間を超越(トランセンデンス)するッ!~

や…やつは無敵になった! 弱点はもうヤツにはない! 物理攻撃もヤツには効かないッ! 不老不死!不死身!誰も倒せない! 究極生命体(アルティメット・シイング)ジョニー・デップの誕生だッーっ!! ジョニー・デップ主演の近未来SF「トランセンデンス」を…

笑えて感動する、まっすぐなエンターテインメント「超高速!参勤交代」感想

たまには邦画をと思い、今日は「超高速!参勤交代」を観てきた。 *ネタバレ感想なのでご注意!! 第8代将軍・徳川吉宗が天下を治める時代。磐城国のわずか1万5000石の弱小藩である湯長谷(ゆながや)藩は、湯長谷の金山を狙う幕府の老中・松平信祝から、通…

苦難と解放に込められた意味 「ノア〜約束の舟〜」

結構話題になってるんじゃないですかね、「ノア〜約束の舟〜」。観てきました。 夢の中で世界滅亡を意味するかのような光景を目にしたノア(ラッセル・クロウ)。それが神からのお告げであり、全世界を飲み込むほどの大洪水がやって来ると悟った彼は、その日…

劇場版「ペルソナ3 第二章」感想

「生」を知った若者たちは、その戦いの果てに「死」を知る。 PERSONA3 -#2 Midsummer Knight's Dream‐ やっと観ることができた。まあ始まってたことを知らなかったんですけどね。 第一章では山岸風花の仲間入りと、主人公結城理が少しだけ命の意味を考え始め…

映画「藁の楯」 感想

「五人の中で一番お前を殺したいと思ってたのは……この俺だ!!」 今更ながら映画「藁の楯」を観た。 上映していた時期に観たいと思いつつも、見逃してしまった作品。 大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也らの豪華共演で、木内一裕の同名小説を映画化したサスペ…

映画「LIFE!」感想

これは……この映画はヤバい……!! 映画「LIFE!」を観てきた。主人公ウォルター・ミティは、雑誌「LIFE」を制作する会社のスタッフ。写真のネガ管理をしている。妄想癖のある彼は時々ぼんやりして、理想の自分を思い描いたりはするのだが実行には移せない男。…

「ローン・サバイバー」感想

本日は映画「ローン・サバイバー」を観てきた。 2005年、米軍がアフガニスタンにて行なった「レッド・ウイング作戦」。その唯一の生存者の体験をもとに作られた作品がこの「ローン・サバイバー」だ。 主人公マーカスを含む4人は、アフガニスタンの山岳地帯に…

「ロボコップ」感想

今日は映画「ロボコップ」を観てきた。 今上映しているリメイクのやーつだ。 スタイリッシュに、ブラックメタル化してカッコ良くなった「ロボコップ」、堪能してきました。

「スノーピアサー」 感想

本日2本目の映画は「スノーピアサー」。一日2本観るとさすがに疲れるね。 これはかなり面白い作品でございましたよ。メッセージ性の強い、考えさせられる作品だった本作。 人という人種の咎、そして列車内という閉鎖空間でのサスペンスアクション、ストーリ…

「エージェント:ライアン」 感想

今日は映画「エージェント:ライアン」を観た。 昨年観た「ホワイトハウス・ダウン」にも近いような、アメリカの王道アクション映画の系譜という感じ。いい意味で安心して観ることができる作品だった。

「クレージー・モンキー 笑拳」 感想

「怒りにまかせては、復讐は果たせんぞ」クレージー・モンキー/笑拳 [Blu-ray]出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン発売日: 2012/08/10メディア: Blu-ray クリック: 13回この商品を含むブログ (1件) を見る 半ば周期的にジャッ…

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」 ネタバレ気味で感想

ミュシャ展を見てから(ミュシャ展、行ってきました。 - 「げ」の一歩 改) 「麺匠いちず」さんで相変わらず美味しいラーメンを頂いた後(これは物凄く美味い!「麺匠いちず」 - 「げ」の一歩 改・・・過去記事ですいませぬ)西島秀俊主演のサスペンス「ゲノ…

「TRICK劇場版 ラストステージ」 感想

この総天然色なポスターがじんわりくる「TRICK劇場版 ラストステージ」を観てきた。 モーニングは安くていいやね。

「ハンガー・ゲーム」 感想

撮りためてた映画を観るシリーズ第二弾は、現在続編が公開されている「ハンガー・ゲーム」だ。つーかレニー・クラヴィッツ出てる!! 近未来が舞台だろうか。国の政策として12の地区から選ばれた男女24人が殺し合うっていう、バトルロワイアル的なお話。 ち…

「ランボー 最後の戦場」感想

年末年始、色々と映画が放送されていたのをバシバシ録画しておいたので、それをちょいちょい観ている。そんな「撮り溜め映画感想」、本日はランボー 最後の戦場である。

スタローン×シュワ!!「大脱出」感想

早速今日はアクション俳優の二大巨頭、シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーが初の本格共演を果たした監獄脱出サスペンスアクション 「大脱出」 を観てきた。日本では公開初日ですよ初日。 来場者特典はまさかの大脱出クリアファイ…

2013年 私が観た映画まとめとベスト3発表

思えば今年は色々と映画を観たものです。 アクション、アニメ、サスペンスとジャンルも広く、洋画邦画もどちらも観てきて、いや、今年はいい映画多かったなあーと。 というわけで簡単にまとめと、最後にベスト3発表だ!!

「ゼロ・グラビティ」感想 (ネタバレ有り)

宇宙は美しく、そして恐ろしい。 ジョージ・クルーニー、サンドラ・ブロックのW主演「ゼロ・グラビティ」をようやく観てきた。 今年は色々と映画を観てきたが、この「ゼロ・グラビティ」が個人的には観た中でベストかな。 もうケチの付けようがない映画だっ…

「SPEC」と「ニーアレプリカント」でシンプルプランを紐解く

「SPEC結 爻ノ篇」を観た後もう少し掘り下げておきたいと個人的に思ったのが、PS3用ゲームソフト「ニーアレプリカント」との共通点。アルティメットヒッツ ニーア レプリカント出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2011/04/21メディア: Video Ga…

「SPEC結 爻ノ篇」批判的感想を「ジョジョ」を交えて

んじゃーそろそろ辛めの感想書きますか。 「爻ノ篇」の蓋を開けてみると、ほとんど会話での世界観の説明合戦の様相を呈していたわけで、ぶっちゃけ「結を3部作にすることは出来なかったのかよ」と思ったんですよね、観終わった瞬間。2部作の後編の段階で世界…

「SPEC結 爻ノ篇」 エンディング考察 (12/4追記)

ようやくある程度まとまった時間ができたので、そろそろ「SPEC 爻ノ篇」エンディングの考察を一筆。 あとはいまいち説明不足だなーと感じた所とかを列挙して、まあ次回以降の考察の糧にしておきます。 人によっては「そんな分かり切ったこと」なんて思われそ…

ネタバレ「SPEC結 爻ノ篇」感想8割考察2割

終わりました…終わってしまいました。 ここはちゃんと辛い目線で観てきました。 「わー瀬文さんカッコイイー!」くらいのスタンスで観てはいけないくらいの規模のシナリオになっているからな。ちゃんと物語を観る!と。というわけで「SPEC結 爻ノ編」感想&…

劇場版「ペルソナ3」感想

「PERSONA3 THE MOVIE ♯1 Spring of Birth 」 しれーっと観てきましたよっと。まあまあネタバレしますけど、とりあえず原作のゲームプレイした方向けに書きますので。 主人公の名前は結城理(ゆうきまこと)ことキタロー。 ストーリーは原作に忠実、そして日…